ヘッドライン
エナ

川端康成の小説のなかに『別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。』という言葉があるのだけれど、私はこれ以上にうつくしい呪いのかけ方を知らない。

15:47 - 2018年6月3日
室田一樹

毎年教えた花の咲く時が来たら、その元彼氏は前の彼女の事を毎年思い出すという事ですかね!とても美しいようで怖い呪いですね(>人<;) 外から失礼しました

23:20 - 2018年6月4日
エナ

室田さん、こんにちは。男女は特に限定されてないと思いますが、その通りです。毎年毎年おもいだしてしまうの、かなしいしでも言った側からすれば、してやったり!という気持ちなのかもしれませんね。あとは、私のこと忘れないでね、とか。

1:37 - 2018年6月5日
せるこ

その話になぞらえて「オオイヌノフグリ」を教えるっていうネタが大好きです。年がら年中大量に咲いてるやつです。

23:20 - 2018年6月4日
エナ

せるこさん、こんにちは。笑ってしまいました。名前からして情緒もへったくれもねえ!と思っちゃいましたが、それだけおもいだしてほしいとなると切実なのかもしれませんね。😿私もその話が好きになりました。教えてくださってありがとうございます。

1:38 - 2018年6月5日
シオ

男なら咲くたびに「ああ、あいつまだオレの事好きなんだろな😏」ってなるよな

1:11 - 2018年6月5日
エナ

シオさん、こんにちは。悪い男……という感じです……笑 男性はわりとそういう方が多いんでしょうか?

1:53 - 2018年6月5日
えーみん

本当に好きな花を言い過ぎて別れるって伝えてこじれた時玄関に置かれた経験があるので言った側にもトラウマが残りますw

0:42 - 2018年6月5日
珍小鳥@最終教師のフレンズ

さすが世界の川端。教えられた方はたまったもんじゃないな。毎年思い出さざるを得ないw

1:37 - 2018年6月5日
Luna ☁️

小説の題名をご存知だったら教えてください

21:04 - 2018年6月3日
ユイ 🍳

FF外から失礼します。 「掌の小説」です。"化粧の天使たち"の中に出てきます。

22:52 - 2018年6月3日
ヒロザンヌ

有川浩の「植物図鑑」は その詞から始まる物語でした。 川端康成だったのね 突然失礼しました。

9:41 - 2018年6月4日
芝桜文鳥@

川端康成さんの言葉って、ド変態だけど本当に美しいですよね…ド変態だけど…

1:46 - 2018年6月5日


1001:名無しにかわりましてロン速がお送りします: 2012/04/24(火) 19:40:00.00 ID:ronsoku2


ヘッドライン

コメントを書く

名前
コメント
新規コメントの反映には1分ほど時間がかかる場合があります
おすすめの新着ニュースヘッドライン
おーぷん2ちゃんねる

検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめリンク
×
×
ロン速過去記事ランダム