ヘッドライン
1: アークトゥルス(埼玉県):2012/03/20(火) 14:07:04.74 ID:3UKozOGy0

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120320/wec12032007010001-n1.htm
 「命が大事。もう会社を辞めて」

 神戸市須磨区の西垣迪世(みちよ)(66)は平成17(2007)年秋、鬱病で休職し帰省していた一人息子の和哉に、
たまりかねて言った。見るからに疲れ果てていたからだ。

 就職氷河期のさなか、システムエンジニア(SE)として川崎市内の会社に入って4年目。
日本有数の大手企業の子会社だったが、人間らしく働かせているとは到底思えなかった。

 「もう一度だけ、会社に戻るよ。それでダメなら帰ってくる」。最後に和哉は母を気遣うようにそう言い残し、社員寮へと戻った。
そして復職から約2カ月後の18年1月、鬱病の治療薬を大量に飲んで死亡した。27歳だった。

 生前、和哉は迪世にこう漏らしている。同僚にも鬱病患者が多く、自分だけ弱音を吐くわけにはいかないこと。
上司の期待に応えたい気持ちがまだあること。もしこのまま退職しても、再就職は難しいこと…。

 厚生労働省が発表する新卒とパートを除く有効求人倍率は5年以降、毎年1倍を切っている。
正社員に転職したくても、全員には職がないという現実は、たしかに厳然としてあったのだが、「同僚にも鬱病患者が多い」とは、何を意味していたのか。

 「過労自殺」につながる精神疾患での労災申請が急増している現状を踏まえ、厚労省は昨年11月、新しい認定基準をまとめた。
2カ月連続で月120時間残業すれば「強い心理的負荷」に当たる-などと例示し、審査を迅速にするのが目的だ。

 迪世のケースは同年3月の東京地裁判決で労災認定されるまでに、約5年を要している。
その過程で会社側は、和哉と同じ14年入社組の6人に1人がメンタル不調を訴えた経験があった事実までも明かしていた。

 「なぜ僕が止められなかったんだ」。同僚の一人で和哉の友人でもあった清水幸大(29)=仮名=は、突然の訃報を聞かされたとき、
自責という言葉では足りないほどの怒りが自分に対してこみ上げた。清水もまた、鬱病を患っていた。
和哉と違ったのは、病状の悪化に耐えられずに退職し、営業職の非正規労働者に転職していたことだ。

>>2へ続く


2: アークトゥルス(埼玉県):2012/03/20(火) 14:07:25.80 ID:3UKozOGy0

 当時、清水は和哉と食事をともにした機会に、見かねて「体を動かす職人のような仕事をした方がいい」と勧めていた。
和哉は「そうやな」と答えただけだったという。

 「和哉がSEに誇りをもって働いていたのは分かっていた。ただ僕は、心と体を壊してまでやる仕事じゃないと思った。
もっと強く辞めろと言っていればよかった」。清水は悔やむ。

 2人が鬱病になったきっかけは、入社1~2年目の平成15年に相次ぎ投入されたプロジェクトだった。
在京テレビ局の地上デジタル放送のシステム開発だ。昨23年7月の完全移行に向け、地デジ化への準備は当時、すでに始まっていた。

 失敗の許されない“国策”だったためか、会社はワンフロアに最大231人ものSEを集め、作業を急がせた。
狭い机と人いきれの中、2人は昼夜を問わず働き続けた。食事は弁当をかき込むだけ。
終電を逃せば机に突っ伏して朝を迎えた。仮眠室やソファが与えられなかったからだ。

 著書「ITエンジニアの『心の病』」(毎日コミュニケーションズ)がある精神科医の酒井和夫(60)は、
SEなどのIT技術者は機械相手で会話が少なく、仕事を抱え込むおとなしい性格の人が多いため
「一般企業の会社員に比べ鬱病の発症率が2~3倍ほど高い」と指摘している。

 酒井は警告する。「IT企業は、合併や再編が多く、大半が継続してメンタルヘルスに取り組んでいない。
IT時代は若いSEを大量に生んだが、こうした若者も過労自殺の危険にさらされているのだ」


3: ミマス(福岡県):2012/03/20(火) 14:08:39.17 ID:iLfRvAs50

自宅警備は気楽でいいよ


5: バーナードループ(大阪府):2012/03/20(火) 14:10:57.28 ID:igsD3dag0

>>3
お前がしねば良かったのに


7: ミザール(埼玉県):2012/03/20(火) 14:12:41.90 ID:EvkqscBT0

馬鹿だな。帰れる場所と待ってる人がいたのに


8: 百武彗星(埼玉県):2012/03/20(火) 14:12:43.14 ID:2Rcew4/E0

川崎だと富士通も日立もあるからな


85: アルゴル(茸):2012/03/20(火) 17:00:03.41 ID:hhDVgoSV0

>>8
いや、一択でしょ。


9: アルファ・ケンタウリ(大阪府):2012/03/20(火) 14:16:39.88 ID:DTBQBm1V0

再就職が無理だからって、死んだら本末転倒だろ
とりあえず帰る家があるんだし
そもそもその親が「帰って来い」っつってんだし
とっととそうするべき

というまともな判断が出来ないから鬱病なんだ


14: プロキオン(京都府):2012/03/20(火) 14:27:55.95 ID:2xoHhSjm0

死ぬくらいなら辞めろよっておもうだろ
辞める勇気がないんだなぁ


22: ベラトリックス(やわらか銀行):2012/03/20(火) 14:44:25.49 ID:5PSPNWqm0

残業がありすぎて死ぬ人
職にありつけなくて死ぬ人




んー


23: アークトゥルス(茸):2012/03/20(火) 14:46:52.24 ID:0fF5dYDf0

両親悲しませて何が上司の期待じゃクソボケ
ワタミといいマジでこういうの止めろよホント…
会社ごときにワケわからん忠誠心とか要らねえから…


16: チタニア(やわらか銀行):2012/03/20(火) 14:30:25.91 ID:bCE0akve0

http://blog.goo.ne.jp/kyotoposse/e/5ab4aafd838d90d411c2a4f4269b7003

3月25日東京地裁で、富士通のシステムエンジニアであった、
西垣和哉さん(当時27歳)の過労死の労災認定を求める裁判の判決が
あり、POSSEのメンバーでこの裁判を傍聴しました。

この裁判の経緯は以下のとおりです。


37: 赤色超巨星(四国地方):2012/03/20(火) 15:32:59.55 ID:WD2pvIm50

なんか富士通ってオリンパスと同じようなにおいがするわ
古くさい体質の日本企業って感じ、絶対なんかやってそう


39: 亜鈴状星雲(東京都):2012/03/20(火) 15:37:36.37 ID:IsouLgqB0

>>37
思った通りだよ
特に子会社の連中は勘違いした体育会系な奴が多い


153: アルビレオ(catv?):2012/03/21(水) 08:58:12.39 ID:GiEISKM+0

>>37
こんな感じ

Fが100万で受注
子会社F1に80万で発注
F1はさらに別の子会社F2に70万で発注
F2はF3に60万で発注
F3がやっと下請けに50万で発注
で、元が100万なのにFグループの売り上げは310万円
というマジック


159: チタニア(東日本):2012/03/21(水) 14:25:24.01 ID:w7fhwWDU0

>>153
あるあるあるあるwwwwwwwwwww


41: レグルス(WiMAX):2012/03/20(火) 15:41:48.19 ID:u7Prcg7P0

> もしこのまま退職しても、再就職は難しいこと…。

これが全てだな
働かないで暮らせるのなら日本は楽園だが
働いて暮らす国では地獄となる


86: はくちょう座X-1(家):2012/03/20(火) 17:02:48.04 ID:y3c5Cde20

周りも次の職用意してやれば、すんなり辞めれたかもしれないのにな。
そういうこと考えたんだろ


88: アルゴル(茸):2012/03/20(火) 17:14:16.55 ID:hhDVgoSV0

当時、このプロジェクトと同じビルで仕事してたけど、辛そうだったね。
自分のところも、残業が半年平均100オーバーだったけど、
あそこよりはマシだってみんなで言ってた。


94: ダイモス(茸):2012/03/20(火) 18:17:39.41 ID:LoXrz9vK0

出来んと思ったら、辞めればいいのにと思うがなぁ。何が追い詰めるのか?


96: ニクス(関東・甲信越):2012/03/20(火) 18:31:21.80 ID:5zyzg4AMO

>>94
しがらみじゃね?育ててくれた親に申し訳がたたないみたいな


139: オリオン大星雲(北海道):2012/03/21(水) 01:03:41.94 ID:IM2IQZOk0

感情を消して、何も考えないようにすれば割とこなせるようになるよ。
今月は休みなしで毎日始発&終電帰りだけど、「辛い」とか「ふざけるな」みたいな
感情の類を心に持たないようにしたら、案外楽になった。
一般職からは顔が死んでるとか最近よく言われるけどな。


157: イオ(茸):2012/03/21(水) 13:58:53.24 ID:pBrKnlGD0

>>139
休んだ方がいいと思う


141: エンケラドゥス(佐賀県):2012/03/21(水) 01:13:41.40 ID:9avciBsx0

俺もブラック企業でITドカタやってた頃は身を粉にして働いてたな
週2、3回は会社に泊まりこむ日があった
月の労働時間が400時間弱、って月もあった

けど、その会社は年俸制とやらで、残業代なんかビタイチくれなかった

翌年の更改でその辺加味してくれるのかと思ったら、
「残業が多いのはお前の作業効率が悪いせいだ」
と言われ、功績よりも失敗の方を論う様な評価しかされず
結局月額3,000円、年36,000円しか上げてもらえなかった

どれだけ頑張っても評価されない上、直属の上司からのパワハラもあって、
軽い欝を発症して、結局辞めた
でもその翌月にはその上司が勤務態度の悪さを理由に解雇されたと聞いた
さらにその後監査が入って監督署から改善命令が出たとかで
従業員の給与待遇は格段に上がったとも聞いた

一番ダメな時期に辞めてしまった、本当についてない人生だな、とつくづく思った


147: かに星雲(東日本):2012/03/21(水) 04:07:24.97 ID:mAP5Snvo0

>>141
安心しろ
そういう会社は半年程度でもとの状態に戻るから
社風っていうのはそう簡単に変えられるもんじゃない


1001:名無しにかわりましてロン速がお送りします: 2012/04/24(火) 19:40:00.00 ID:ronsoku2


ヘッドライン

コメント一覧

    • 1.・
    • 2012年03月27日 13:37
    • 社畜「残業100時間でキツい?甘えるなよw」
      最近こんなのばっか。自分らの奴隷自慢して楽しいか?
      他の人も辛いんだから自分だけじゃない、って理由で片付けられなくなってきた

    • 2.???
    • 2012年03月27日 14:07
    • 残業ないと仕事してないって言われ、残業してると効率悪いって言われる。
      この人のように過労死するのもいれば、社内失業してるのがわんさかいる。
      この国はいったいどうなってんだ?

    • 3.ほげ
    • 2012年03月27日 14:25
    • ※1
      諦観に基づく適応ってやつだよ
      労働条件に関して諦めてるから、腹癒せに適応できない奴を叩く

    • 4.名無しさん
    • 2012年03月27日 15:41
    • 仕事ってのは生きるためにやるもんだ

    • 5.名無しさん
    • 2012年03月27日 17:10
    • ※139 本当なら真面目に心配。
      自分の感情を無視し続けると最初は楽になった気がするけど、突然身体に来るんだよ。
      鉛のようにという表現を実感する。
      自分も経験あるけど、話を聞いた何人かもまずそれを口にしてた。
      大丈夫かな…;;

    • 6. 
    • 2012年03月27日 17:12
    • ※4
      良いこと言うねwww
      正に真理だ

    • 7. 
    • 2012年03月27日 17:28
    • 何でやめないのってよく言うけど、やめられる奴はとっくにやめてる
      事例に挙がってる清水幸大って人みたいにな
      やめられない人が心を病み追い込まれて死を選ぶんだ

    • 8.匿名
    • 2012年03月27日 20:33
    • 自分だけが逃げることになるという罪悪感
      辞めるという行動すらとれなくなる鬱症状
      辞めたら次がない社会的問題
      そのへん何も考えずに「辞めれば?」って言えちゃう人はいいよねぇ
      と軽ーく突っついてやると、
      それまで労働者の味方ヅラでレスしてた人がいきなり発狂して
      「いい大人が甘えるな! 社会は厳しいんだ自己責任だふじこふじこ!!」になります
      まー上も下も一皮剥けば同じ根性論者ですね

    • 9. 
    • 2012年03月27日 20:41
    • ※3
      そこなんだよな
      『今の社会に適応しているから自分は異常じゃない』で止まってる
      『今の社会が異常』という考えに永遠にたどり着かない
      だから家畜って言われる事が全く理解できない

    • 10.higaisyanoitirei
    • 2012年03月27日 22:13
    • オレはギリギリのところで逃げられたクチ。
      パワハラなんかも精神的に追い込まれると、自分が辞めたら
      他の人が被害者になると思うと辞められなかったり、
      正常な判断が出来なくなる。
      オレの場合は、元凶の社長がオレへの苛め方を間違えて
      失職を恐れてると思って、「君の居場所なんてない。辞めてもらうことになる」と
      脅したのが、社長に辞めさせられるならやめていいんだ、と考えられたおかげで
      逃げることが出来た。
      辞めると言ってから一切喋らなくなったが、部下を使って一生懸命
      引き止めようとしてた。
      もし、社長がオレの「部下が代わりに責められるようになるんだぞ」と
      脅して残るように言われたら残ってたかもしれない。
      それくらい異常な精神状態だった。

    • 11.匿名
    • 2012年03月27日 23:08
    • 自殺する人は鬱病よりも躁鬱病の人が多いって聞いたことあるね

コメントを書く

名前
コメント
新規コメントの反映には1分ほど時間がかかる場合があります
ヘッドライン
おーぷん2ちゃんねる

検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめリンク
AD
ロン速過去記事ランダム