ヘッドライン
1:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/08(木) 13:44:21.25 ID:o/wEVP9A0

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011120890070334.html

旧 海軍の暗号方式  真珠湾前に解読 米軍史料発見で新説

2011年12月8日 07時03分

 太平洋戦争が開戦した1941(昭和16)年12月8日のハワイ・真珠湾攻撃の前に、米側が、旧日本海軍が作戦指示に使った
 暗号をほぼ解読していたとする報告書が、米軍の史料から初めて見つかった。42年6月のミッドウェー海戦前に解読され、
 米軍の大勝につながったというのが定説だった。米側が開戦前に、旧海軍の動きをかなり把握していた可能性もでてきた。

 報告書は「日本から奪った文書が暗号解読にどう役立ったか」との題で四七年三月、米海軍通信機密保全課内で作成された。
 戦史研究家の原勝洋氏(69)が三年前に米国立公文書館で見つけ、本紙に初めて公開した。

 百七ページ、全七章にわたり、太平洋戦争で旧海軍から傍受、収集した各種暗号の解読に至る経過を検証している。
 第一章の冒頭二ページで、開戦前の解読成功に触れていた。

 開戦当時、旧海軍が作戦指示に使った暗号は、まず暗号書で例えば「連合艦隊司令長官旗艦」なら「00867」と、言葉を五桁の
 数字に変換。その数字を「乱数表」を使って、別の数字に置き換える二段階方式だった。

 報告書や原氏によれば、暗号解読の作業を一九三九(昭和十四)年夏から開始。二〇年代初頭、軍や警察のチームが
 ニューヨーク日本総領事館に忍び込み、撮影した古い海軍暗号の法則をヒントに進められた。暗号書と乱数表は、旧海軍が随時、
 更新していたが、報告書には暗号方式を「真珠湾攻撃の前に解読できていた」と明記している。

(つづく)


2:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/08(木) 13:44:48.80 ID:o/wEVP9A0

>>1 のつづき)

 ただ当時は米軍も対ドイツの情報収集に忙しい時期だった。報告書では、真珠湾攻撃について「十分な人員さえあれば、奇
 襲にはならなかっただろう」との注釈を付けている。

 このため乱数表の解読で、第一段階となる言葉を数字に直した状態まではつかんでいても、数字に当てはまる旧海軍の
 専門用語を完全に割り出していなかった可能性もある。ただ原氏は「開戦前に解読していたと明記した史料はこれが初めて。
 どこまで旧海軍の指示が明らかにできていたかは、検証する必要がある」と話している。

 米側は開戦前、日本の外務省が使用する外交暗号の解読に成功したが、より複雑な旧海軍の暗号解読は遅れたという見解が
 一般的だった。専門家の中には「米国は開戦前の解読で真珠湾攻撃を察知していたが、ルーズベルト大統領の謀略で日本を
 戦争に誘い込んだ」との主張もあるが、決定的な証拠がなく、論争が続いている。

(おしまい)


7:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/12/08(木) 13:45:58.09 ID:1GvtVMOv0

そんなの誰も真珠湾せん
(※『信じま(せん)』と『真珠湾』を掛けました。ありがとうございました。)


13:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/12/08(木) 13:47:06.17 ID:BChCcKrj0

知ってた


14:名無しさん@涙目です。(芋):2011/12/08(木) 13:47:09.93 ID:IUXVZyRh0

今更・・・


16:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/08(木) 13:47:17.79 ID:Si9O9nm80

最初から全部筒抜けだったのかよ…そりゃ負けるわ


18:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/12/08(木) 13:47:28.59 ID:HypkYuYw0

知ってた速報


19:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/12/08(木) 13:47:43.51 ID:yccPShpzP

アメリカさんは情報戦に強すぎ


20:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/08(木) 13:47:56.85 ID:VMCwP7B10

優先順位がドイツだったんで
結局察知出来なかったって話か


23:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/12/08(木) 13:48:23.27 ID:NNWRwYWm0

海軍の暗号がダダ漏れだったのは超有名だけど、
開戦前からバレバレだったとはw
陰謀論もあながちデタラメじゃなく、結構信憑性あるのかもね。


35:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/08(木) 13:49:59.06 ID:E1f5y0s70

>>23
「陰謀論」というより「策謀で負けた」だけだろ。始まる前から負けてたんだよ。
これは孫子の兵法書で何千年も前に注意されてたことなんだがな。


24:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/12/08(木) 13:48:38.00 ID:nbIIrXii0

どこまで行っても単に日本が外交戦、情報戦で負けたって話でしかない。
どうも主体的に振り返るってことが未だにできてない被害者意識で
戦争眺めてる論調が多すぎる。


27:名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国):2011/12/08(木) 13:49:01.79 ID:K/lSnBP60

帝国海軍は馬鹿の集まりだったということが確定しただけじゃないんですか


29:名無しさん@涙目です。(家):2011/12/08(木) 13:49:24.17 ID:U5gg3F5N0

真珠湾攻撃は正しい選択

歴史が証明している


31:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/12/08(木) 13:49:38.38 ID:WEUp6V7Z0

攻撃があるってのはわかってたかも知れないけど攻撃場所まではわかってたのかな


48:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/08(木) 13:51:08.96 ID:VMCwP7B10

>>31
フィリピンだと思ってたんだろ
まあフィリピンにも攻撃かけたけど


32:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/08(木) 13:49:39.75 ID:UL/LOjCy0

手出して負けた以上仕方ない


40:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/08(木) 13:50:27.30 ID:efgtkCoh0

ニイタカヤマノボレの意味がわかってたのかー


41:名無しさん@涙目です。(新潟・東北):2011/12/08(木) 13:50:28.02 ID:eLAxodLYO

ディスカバリーで日本海軍の暗号の15%は解読出来てたって聞いたが


43:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/12/08(木) 13:50:35.83 ID:PvsBIINoO

そりゃあ戦争させようとしてたんだから当然だろ


46:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/12/08(木) 13:50:46.57 ID:4pPSANYS0

知ってた
つーか相手の退路まで断って前に出るしかなくした時点で誰でもわかるわ


47:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/08(木) 13:50:48.93 ID:2eSraeZsO

悲劇はいつだってヒロインが作るもの


52:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/12/08(木) 13:51:34.99 ID:I1qI5/Ef0

ソースはルーズベルトじゃねえのかよ


54:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/12/08(木) 13:51:58.10 ID:u4s9Ua230

捨てるの面倒くさいボロ船だけ真珠湾に置いといたんだろ?
知ってたよ


56:名無しさん@涙目です。(家):2011/12/08(木) 13:52:09.41 ID:mtQjePxT0

ABCD包囲網になった時に戦争は終わってた


57:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/08(木) 13:52:18.41 ID:Ve0qVk2l0

その割には最初けっこう勝利してたよね
あれ何なの?


70:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/12/08(木) 13:53:51.61 ID:X/ZIv8He0

>>57
案外日本が強かったんだよ
白人どもは当時(今も)「黄色人種なんて片手で捻り潰してやるよ」って感じで舐めてるからな


71:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/12/08(木) 13:53:55.18 ID:PQsvfyJC0

>>57
攻めるほうが強い


59:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/08(木) 13:52:21.28 ID:nyJ0Ty3u0

攻撃しろ攻撃しろ先に手を出せ!!
って願ってたのがあからさまなのにいまさらなにいってんの?
日本が先に手を出したなんて馬鹿なこと言ってるのは一部だよ?


60:名無しさん@涙目です。(沖縄県):2011/12/08(木) 13:52:29.79 ID:db6unCLp0

ジャップが真珠湾攻撃したとき見せたルーズベルトのクッソ汚い笑顔の画像ください


79:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/08(木) 13:54:58.76 ID:UNwtThDg0

>>60

11120814_79_1


83:名無しさん@涙目です。(沖縄県):2011/12/08(木) 13:56:01.96 ID:db6unCLp0

>>79
ああ~、いいっすね~


86:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/12/08(木) 13:56:12.52 ID:X/ZIv8He0

>>79
これは畜生の顔ですわ


92:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/08(木) 13:57:11.17 ID:7RMgOgzF0

>>79
性格が顔に出てるよな


93:名無しさん@涙目です。(空):2011/12/08(木) 13:57:22.12 ID:XNzLmNa50

日本もよくこんな陰謀国家と同盟なんか結んでいられるなあ


99:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/12/08(木) 13:58:15.58 ID:DX0cVW9U0

>>93
同盟組まないと潰されるからな


113:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/12/08(木) 14:01:22.17 ID:qlUK08Mb0

>>93
戦前からアメリカはアジア市場を狙ってた
でも日本は対抗して一国でアジアを牛耳ろうとした
だから潰された、その結果が今
アメリカは日本という強力な子分と一緒になってアジアを食ってる


114:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/12/08(木) 14:01:28.37 ID:SMoS678l0

>>93
アメリカの陰謀だったとしても、当時の日本政府と軍隊はアメリカによって破壊されたんだし、
感謝すべきだろ


1001:名無しにかわりましてロン速がお送りします: 2012/04/24(火) 19:40:00.00 ID:ronsoku2


ヘッドライン

コメント一覧

    • 1. 
    • 2011年12月08日 14:52
    • まあこれで、アメリカの馬鹿が
      パールハーバーを忘れるな! とかガタガタぬかすことはないな
      広島・長崎は忘れないが

    • 2. 
    • 2011年12月08日 15:03
    • リメンバー・パールハーバー()

    • 3. 
    • 2011年12月08日 15:10
    • くだらねー。
      亡くなった人には申し訳ないが本当くだらねー。

    • 4. 
    • 2011年12月08日 15:13
    • *114>←最後のこのコメ何?
      米内光正の平和主義論でも信じているわけ?戦争に負けて失ったものの方が多いのだが。

    • 5. 
    • 2011年12月08日 15:21
    • こんな筒抜けの奇襲で名をあげた山本五十六は相当な過大評価だなw

    • 6. 
    • 2011年12月08日 15:21
    • 諜報戦も外交戦もなんもかんも一緒くたにして
      後でわかったこと全部「陰謀!」とか言ってる厨二なんなの

    • 7. 
    • 2011年12月08日 15:23
    • ※4
      軍事政権独裁が好みでしたら北朝鮮なりフィジーなりにどうぞ

    • 8.iza6773
    • 2011年12月08日 15:26
    • 情報公開法の30年・60年開示で、既にアメリカは8カ月前に【海軍の暗号】を解読していた。
      ★普通に疑問を持た無いかネ?
      あの大艦隊で攻めこんで、【不意打ち】が出来るのか?
      日本艦隊の甲板の面積を合計すると【淡路島】に匹敵する。
      そんな数が【隠密行動】など不可能ダ。
      ★.最新式の空母を含む米国・太平洋艦隊主力は、ハワイから退避させていた事実。
      ★.アメリカの方程式は、【9.11】や【真珠湾攻撃】、【リメンバー・アラモ】など、先に相手に攻撃させてから、タタクのが米国式。
      ★日本人の教訓
      1.何故負けたのか?
      相手が多すぎたからで、攻撃国を少数に絞る
      2.【原爆投下】や無差別B29による絨毯爆撃・虐殺を防げなかったのは、我が国が【核保有】して無いから。

    • 9.パールハーバー
    • 2011年12月08日 15:28
    • ということは
      アメリカはアメリカにいる日本大使が日本から開戦前に受け取り、アメリカに伝える筈の宣戦布告の連絡を妨害したということになるな。
      いつ開戦が始まるかわからない緊張時にのこのこパーティに行った
      日本大使が馬鹿だったのか、グルだったのかはわからないが

    • 10.名無し
    • 2011年12月08日 15:28
    • 戦前の日本は軍事独裁政権じゃねぇよ
      歴史を調べてから書き込めカス

    • 11. 
    • 2011年12月08日 15:44
    • *7
      *10に先に書かれてた。
      大日本帝国は絶対悪だって教え込まれ、そのまま信じ込んでるお馬鹿ちゃんだろ?

    • 12.あ
    • 2011年12月08日 15:45
    • >8
      まだこんなアホな陰謀論信じてる奴がいたのかw

    • 13.iza6773
    • 2011年12月08日 15:54
    • >12番の在日へ
      >あ
      まだこんな基地外がネットにいるのか!
      戦後の米国の洗脳工作に染まった、団塊のアホか
      1回何ウオンかをもらって、ネットに寄生している朝鮮人か?
      ★日本の暗号・パープルは8カ月前に、完全に解読されていた事実。
      ハル・ノートの原文を書いたのが、ソ連コミンテルンのやつで、後に始末された。
      日本国をいかに【先に手を出す】ように巧妙に仕組む。

    • 14.1
    • 2011年12月08日 15:58
    • >114みたいな洗脳されてるのが本当に怖いよな
      アメリカ様から自由をいただきました!負けて嬉しいです!みたいな

    • 15. 
    • 2011年12月08日 16:13
    • まぁ。奇襲だけではなくて真珠湾占領をすべきだった
      そうしたらもう少し違う戦略が組めたのに…。

    • 16. 
    • 2011年12月08日 16:14
    • ※14
      たぶん「日本人以外」のお方だろう?

    • 17.  
    • 2011年12月08日 16:21
    • 日本「ふぇ~アメリカに戦争で負けちゃったよぉ~」
      日本「なんで~?」
       まちがい:昔の日本が悪だったから!悪の帝国!正義のアメリカ軍に解放してもらったの!
       せいかい:負ける戦争に追い込まれたから。日英同盟破棄の時点で終わってた
      日本「これからどうしよう・・・」
       まちがい:もう戦争いや!二度としない!はい!これでずっと平和ね!おしまい!
       せいかい:もっと上手な戦争の仕方を勉強しましょう

    • 18.iza6773
    • 2011年12月08日 16:47
    • アメリカの【飲ませ無い要求】—【ハル・ノート】
      当時のルーズベルト政権は、ソ連コミンテルンの傀儡(かいらい)政権と成っていた。
      民主党のルーズベルト政権で【ハル・ノート】を書いたのは【ハル国務長官】で無く、KGB工作員であった事が、1948年7月に発覚した!
      【ハリーD・ホワイト】財務省特別補佐官が、原稿を執筆した!
      その僅(わず)か1カ月後の8月16日、突然の【変死】をとげる—。
      おそらくKGBにより、『お役ご免で消された!』
      ①.米国をソ連の味方として参戦させる為に、ソ連の【ビタリー・バブロフ工作員】から、『日本が絶対に受け入れられ無い条件を書いてくれ』と、依頼されたホワイト・ハウスは、日本国を追い詰める為にも【ハル・ノート】を作成した!
      —-日本人が知ら無い【二つのアメリカ】の世界戦略—–
      269Pより抜粋、、、
      ★.未だ、米国占領政策の洗脳工作を真面に信じている者がいる、、、
      【広島・長崎の原爆虐殺】を市民団体が声高に叫んでも、
      虐殺した米国人は【真珠湾奇襲攻撃】をした『卑怯者』だから、【原爆投下】は当然と考えている。
      ★.ここを、【暗号解読】は8カ月前に完了していた事実。
      【仕組まれた罠】だった事を、全世界にもっと宣伝せなあかん!
      敗戦国イコール、【悪者】、戦争イコール【悪】にすり替える米国洗脳工作。
      ★【戦争】とは、原因があるから、結果がある。
      【原因】をあまり論じて無い!

    • 19.あ
    • 2011年12月08日 17:45
    • >13
      あのな。
      「真珠湾陰謀論」は何十年も前から定期的にネタにされては消えていってるの。
      そもそも「なんでわざわざ米国が大被害を受けてやらなきゃならんの?」という致命的な弱点があるw
      「日本から宣戦させたかった」なら、日本軍がハワイまでやってきた時点で目的完了。迎撃すればそれで済むことだ。
      そもそも日本軍の攻撃は真珠湾以前に東南アジアで開始されてるんだけど・・・・・・
      で、「真珠湾陰謀論」は「米国が事前に真珠湾攻撃を知っていた」ことを立証しなければ成立しないわけで、今まで全て失敗に終わってる。
      スティネットが有名だが、「米軍が暗号解読に成功した証拠」なるものは専門家の研究の結果、「日付が戦後」「これ、外交暗号じゃん」「これ、傍受したってだけで解読したなんて書いてないけど?」という資料の寄せ集めだった。
      今度の「新発見」とやらも第三者による検証を経てからでないとなんとも言えんが、日米の専門家(陰謀論者含む)が何十年も調べ尽くしてるのに今更新資料が出てくるとも思えんな。
      で、「在日」とか書いてくれてるが、こんな幼稚な陰謀論にころっと騙されるのが「日本人の資格」なの?
      勝手に迷惑な基準を設けるんじゃねえよ低脳w

    • 20.  
    • 2011年12月08日 17:51
    • 武士道が足をひっぱったな。卑怯を嫌っていては近代戦争を戦えない。アメリカもイギリスも最高に卑怯だから勝ったといっていいよな。

    • 21.陰謀論大好きクラブ会員No.002
    • 2011年12月08日 19:09
    • 19>>「疑わしきは罰せず」(証拠が見つからずゲロ(リバース)らなければ無罪)ってやつね
      正しいかどうかはわからないがこれを載せとく
      1.日露戦争以後急速に高まった黄禍 ( Yellow Peril ) の原因である日本の勢力拡大を阻止し、アジア ( 中国 )、太平洋地域における 米国の覇権獲得のため 、及び白人による アジアの植民地支配体制の維持 を図るため。
      2.ヨーロッパで既に始まった第2次大戦において ドイツ軍が勝利を収めれば、米国の安全保障に脅威を与える事態になる。しかも昭和 15 年 ( 1940 年 ) 6 月には ドイツが フランスを占領したため、 不利な戦況に追い込まれた英国を援助するために 、 米国は早急に ヨーロッパに 参戦する 必要があった 。
      ttp://homepage3.nifty.com/yoshihito/genin-1b.htm

    • 22.あ
    • 2011年12月08日 19:49
    • >21
      >>>「疑わしきは罰せず」(証拠が見つからずゲロ(リバース)らなければ無罪)ってやつね
      全然違う。
      「デタラメはデタラメ」と言ってるだけ。
      根本的に理解できてないみたいだけど、
      ・米国が外交的に日本を開戦に追い込んだ
      ・米国は「わざと真珠湾攻撃を受けた」
      この二つは「全然別の問題」だ。
      「日本に開戦させること」に成功したのに、
      なんでその上「わざわざ大損害を出す」必要があるの?
      開戦した以上、あとは「出来るだけ楽に勝つ」だけだろ?
      お前さんが書いてるとおり「米国の主戦場は欧州」なんだからさ。
      俺は「真珠湾陰謀論がデタラメ」と指摘してるだけで、
      「米国が日本を戦争に追い込んだこと」は否定もしていなければ議論もしていない。
      「1」については完全に妄想。米国は戦争に勝ったけど「白人による植民地支配体制」ってどこにあるの?そもそも米国は戦前からフィリピンに独立を約束してたし、逆に日本が東南アジアを植民地にしようとした戦争だw
      「2」にしても日独伊三国同盟があったから成立する話であって、日本国内では最初から「対米」のための同盟だと認識されてたけど?
      原因と結果が逆だよ。

    • 23.陰謀論大好きクラブ会員No.002
    • 2011年12月08日 21:14
    • 22>>1のフィリピン等についてはタイディングス・マクダフィー法から仮に納得。
      2>>まぁ、この暗号解読が事実だとしたら
      ①真珠湾に攻撃されることは知ってた
      ②被害の予想を甘く見積もっていた
      ということはだから。戦争では②みたいなことはざらだしねwイギリスの戦艦然り
      実際、ルーズベルトは大義名分ほしかっただろ
      世論調査では米国民の97%が欧州戦争参戦に反対していたので、ルーズベルトは大統領選挙で再選される前に「攻撃を加えられた場合を除いて」外地での戦争に息子たちを送りはしないと繰り返し発言していました。
      ハル・ノートを突き付けられる前日、11月25日付の陸軍長官ヘンリー・L・スチムソンの日記には
      「問題はいかに彼らを誘導して、我々があまり大きな損害を蒙ることなく、最初の弾を撃たせるかだ。これは難しい計略だ」と書かれていました。
      同じく11月25日、ルーズベルトの秘書ヘンリー・シンプソンが、ルーズベルトの会話記録を残しています。
      「問題はどうやって我々が日本に先制攻撃をさせるかである。日本に先制攻撃を仕掛けさせ、どちらが侵略者かを明確にさせることが理想だ」
      ttp://www.anti-rothschild.net/lecture/rothschild_04/index.html
      <参考資料> ヘンリー・ルイス・スティムソンの略歴
      ttp://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/stimson/profile.htm
      それとトラトラトラ見たことある?あれってそんな感じじゃね?

    • 24.陰謀論大好きクラブ会員No.002
    • 2011年12月08日 21:38
    • 23訂正
      2>>→2の

    • 25.r
    • 2011年12月09日 04:38
    • まーた日本人の都合の良い印象操作か
      日本語で書いてあるのを誰がどこの国が信用すると?
      お前らは自分らの言語が全て正しいと思ってるの?
      世界の王様か?神?
      日本が全部正しいと思うなよ、政治とかよく見てる?わかってる?
      これだけ醜態を晒してきて
      欠陥だらけの国だってことを自覚しろ

    • 26.辻莞爾
    • 2011年12月09日 05:33
    • 25は何か深い傷を負っているのか?
      極端な意見を言う人は、こころに傷を負っているように思える。

    • 27.屁
    • 2011年12月09日 06:25
    • ※26
      ※25さんはいろいろと残念な人じゃないかな。
      かわいそうだからもう帰ってもらおうよ。

    • 28.wpj
    • 2011年12月09日 21:44
    • 25>>言語に正しさなんてあんの?www
      憐れな25よ。お前の文章は明白に矛盾してる。「世界の王様か?神?」と書いておきながら「日本が全部正しいと思うなよ」とお前の勝手な主観を語っている(別に日本が戦争において絶対的に正しいなんて誰も書いてないだろw押し付けがましいわw)
      憐れな25よ。お前の勝手な正義など誰も知らない。お前を除いてw
      日本だけが100%正しいなどとは誰も書いてないし思ってもいないよw誰だってすべてを知っているわけではないんだから当然だろうwそんな当たり前のこと言われても激しくイタいだけ。
      それと一番指摘しておかねばならないことは正義や善悪についてお前がなにを知ってるというんだ?説明してくれ?w
      「欠陥だらけの国だってことを自覚しろ」←お前の人格が欠陥だらけなのを自覚しろw
      ホントに一番言いたいのは一々文章が負け犬の遠吠え臭いw

    • 29.あ
    • 2011年12月09日 22:29
    • >23
      22だけど、俺は「ルーズベルトが日本からの先制攻撃を画策していた」こと自体は否定してない。
      ルーズベルトの陰謀なら、「ラニカイ号事件」という歴史的にも実在が確認されている陰謀の実例がある。
      これはオンボロ軍艦で日本軍を挑発し、先に手を出させようとしたもので、同様の挑発はドイツ軍にも行なわれている。
      しかし「日本に先制攻撃させること」と「わざと大損害を出す」ことは全く脈絡が無い。意味不明だ。
      日本がハワイに攻撃してくることが解ってたんなら、迎え撃てばいい。太平洋横断してハワイに大艦隊が進入したなら、誰がどう見ても「先制攻撃」は日本側なんだから。
      そもそも日本軍の攻撃開始は多方面で同時に行なわれ、真珠湾が第一号でもない。

    • 30.>29続き
    • 2011年12月09日 22:48
    • さらに「真珠湾陰謀論」には日本人として見逃せない重要な問題点がある。
      それはこの陰謀論の出発点は、
      「日本人なんかが、あんな大作戦を成功させるなんてありえない」→「きっと米国政府が成功させるように手を打ってたんだ。それなら合理的に説明がつく!」
      というものだからだ。
      これほど日本人を侮辱したアホ話を、なんで日本人が受け入れなきゃならんのか、俺には全く理解できない。
      日本の保守・右派には田母神論文のように「日本は開戦するように追い詰められたんだ」という歴史観があり(実際、米英ソはそうなるように動いていた)、「真珠湾陰謀論」は、その「動かぬ証拠」のように思えたんだろう。
      しかし、「日本に開戦させること」と、「わざと大損害を出す」ことに何の相関もない。
      小林よしのりですらこのことに気付き、「戦争論2」で「真珠湾陰謀論」をベースに米国を批判しながら、後に「あれはいい加減な説だった。日本軍に対する侮辱だった。申し訳ない」と訂正文を出している。

    • 31.陰謀論大好きクラブ会員No.002
    • 2011年12月10日 00:09
    • 29>>まぁ、微妙な話(憶測)だが、仮に97%の国民が反戦だったとして彼らを戦争賛成にさせるにはどうすればいいか?ショックが必要だ!それも激烈なものが好ましい。戦争の参加・遂行・継続・勝利には国民の強力な支持・団結が必要なのは言うまでもないこと。人々を団結させるもの。それは利害の一致である。害とは何か。それは敵のことだ。つまり悪だ。敵が必要だ!それも明白な悪でなくてはならない。利とは何か?それは正義の成就だ。仮初の正義とは人間の感情の中で卑怯を憎む心、その義憤の念は裏を返せば憎悪と似ている。それを利用することが国民の団結と方向付けに有効だろう。との結論に至れば、そのためには生贄(悪が悪である理由。善が善である理由・明白な証拠)が必要だということではないか?陰謀論好きはそのように考えるなW
      貿易センター爆破や小泉劇場と同じような理屈だ
      つまり、ルーズベルトにとっては国民を納得させる説得力を持った生贄が必要だったんじゃないかなと思う。アメリカは日本だけでなくイギリスが潰される前に早めにドイツを叩きたいわけだし、今後のことを考えれば、大損害も代償としては安いと考えるのでは?それがある一人の指導者の大局観としてはありと思うけどね。しかし、そんな指導者信用できんがねw
      誤解のないように言っとくけど、これはあくまでも私見ですので。

    • 32.陰謀論大好きクラブ会員No.002
    • 2011年12月10日 00:38
    • 30>>「日本人として見逃せない重要な問題点」=「日本人なんかが、あんな大作戦を成功させるなんてありえない」←その主張は明らかに論点先取で誤誘導。しかも、そのあとの記述がなんらかの誤謬臭い。すべての陰謀論の前提が「日本人なんかが、あんな大作戦を成功させるなんてありえない」ではないだろ。
      前提はこんな感じだろ
      第2次大戦が始まり、勢いに乗るドイツ帝国は英国への本土空襲を始め、欧州の一部へ進攻し、世界は予断を許さない緊迫した情勢でした。しかし、当時の米国は孤立主義をとっていて、国内には厭戦ムードが充満しており、とても参戦するような雰囲気ではありません。
      建前上、民主主義国である米国で、大多数の国民が反対する戦争に参戦するわけにはいきません。
      なんとしても参戦したいルーズベルト大統領とその側近たちが考えたことは、日独伊三国同盟の一員である日本に働きかけることでした。
      日本が米国に対して戦争を仕掛けてくれば、同盟国であるドイツに対して米国が参戦できる正当な理由になります。
      そして、世論を参戦に向けてさせるためには、ある程度の犠牲を覚悟してでも、日本側から先制攻撃をさせることが必要だったのです。
      ttp://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060723

    • 33. 
    • 2011年12月10日 09:29
    • 日本への石油の輸入が封鎖され、しかも他の欧米列強の植民地はそのままにして日本だけが一方的に中国から撤退しろというハルノートは形を変えた宣戦布告書でしかない。
      (ハルノートの理不尽さは後のアメリカの学者も認めている。)
      それで日本が先制攻撃をかけたというのは筋違い。既に両国は事実上戦争状態といえた。ただ、アメリカ側が航空機動部隊による攻撃力を軽視していて、もし真珠湾への攻撃があったとしても被害はたかがしれているとふんでいたんだろ。

    • 34.あ
    • 2011年12月10日 13:41
    • >31
      ルーズベルトが「日本の先制攻撃」を欲したのは「日本から宣戦されてしまえば世論もクソも無い」からなんだけど・・・・・・
      キミだって、米国民が「私たちは戦争反対なので無条件降伏します」とか「日本に有利な条件で構いませんので講和させて下さい」なんて言うわけがないのは解るだろ?
      仕掛けられたらやるしかないんだよ。
      そもそも「米国民が戦争に反対してた」てのは、「自国に無関係な戦争に首を突っ込むな」ということであって、宣戦された場合とは想定している状況が全然違う。
      現代の日本でも、「こちらから他国に宣戦布告」に賛成する国民はほとんどいないだろう。が、「他国が日本に侵攻してきた」場合の世論を考えてみろ。
      「それとこれとは世論の状況が全く異なる」んだ。
      そして「日本が宣戦してきた」事実だけあれば、「故意に自軍に大損害を発生させる」なんて完全に無意味。
      そもそもキミの理屈だと対独戦は米軍の戦意が低くないと辻褄が合わないが、現実には全くそんなことは無かった。

    • 35.あ
    • 2011年12月10日 13:53
    • >32
      前提が完全に間違ってる。
      これは「米国発」の陰謀論だよ?
      そもそも「米国が日本を開戦に追い詰めた」ことと、「わざと真珠湾で大損害を出すこと」は完全に無関係。
      これは「なんで日本人なんかの真珠湾攻撃を防げなかった?」→「こんな作戦をそもそも奴らが成功できるわけないんだよ!」→「政府がわざと攻撃させたなら説明がつく!」
      が「真珠湾陰謀論の骨子」だ。>8とか、かなり影響受けてるのは読めば解るだろ?
      日本側がどれだけ事前準備に努力したか、無線封鎖・隠密行動を徹底したかが、全部「無かったこと」になってる。
      これは「米国人の自己正当化」なんだ。
      「米国民は平和を愛していた。米軍は優秀で、まともなら日本人なんかの攻撃をくらうはずがない」「それを一握りの支配者が戦争に引きずり込み、米軍に本来ならありえない敗北の恥辱と犠牲を与えた」てな。
      なんで「米国人の身勝手な論理」にキミは共感できるの?
      キミはどこの国民なの?
      三国同盟の解釈も間違ってる。
      三国同盟に参戦義務は無い。
      つまり日本が宣戦布告してもドイツは付き合う義務は無いし、米国がドイツと戦争したいなら「米国から宣戦布告」しなけりゃならん。
      史実においても、日本はどれだけドイツから要請されてもソ連に参戦しなかった。
      ドイツが英国などと戦争してる真っ最中も、日本は参戦しなかった。
      「そんな義務は無い」からだ。
      日米開戦が対独戦にも繋がったのは「結果論」でしかなく、「日米戦」と「米独戦」は全然別のものだ。
      実際にヒトラーは(参戦義務は無いので)悩みに悩んだあげく、ドイツから米国に宣戦したのが史実。

    • 36.あ
    • 2011年12月10日 13:54
    • >33
      完全に「先制攻撃」
      「俺たちは正義」「俺たちは陰謀にはめられたんだ!」てのが陰謀論の本質であり、だから普通の人達には相手にされない。
      「見苦しい」からな。
      現実の歴史や国際情勢に「一方的な悪」も「一方的な正義」も存在しない。
      追い詰められた日本にも自己責任がある。そもそも満州事変や日中戦争の拡大は、現地軍が政府命令すら無視して行動してたわけで、日本人から見ても正当化の余地がない。
      外国からすれば「日本は軍隊をコントロールできないのか!?」と危機感を持つのは当たり前。
      実際、できてなかったんだから。

    • 37.陰謀論大好きクラブ会員No.002
    • 2011年12月10日 22:22
    • 36>>「追い詰められた日本にも自己責任がある」
      「そんな(参戦の)義務は無い」
      「米国人の自己正当化」
      ↑その点には7.8割は賛同できるな
      俺は出元は知らんがwikiにはこう書いてある。君は知っているのだろうけれども。
      「この説は戦時中の日本や、終戦後のアメリカでも唱えられていた。」
      ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E6%94%BB%E6%92%83%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AA%AC
      「米国人の身勝手な論理」←これは嵌める(アメリカ・ルーズベルトなどの参戦派)側の動機として妥当性があるかどうかの問題
      嵌められる(日本)側としては戦争が避けられないのなら痛打を与えてから始めたい。軽い挑発に乗って戦争の大義名分を与えるのは損(アメリカ国民は厭戦なのでアメリカ側から手を出すことはないのを見越して)。
      アメリカ側は容易な挑発では戦争の口実を作るのは難しい。ならば攻撃を放置するしかない。国民の団結と支持のためには戦争の明確な構図を提示する必要がある。そのために生贄が必要。とりあえずイメージが必要だったんだろう。察知して対応したら、アメリカ国民の戦意は中途半端なものになっていたかもしれん(「日本を追い詰めすぎた現政府がこの戦争を作り出した」なーんて言う奴が現れるだろうからな)。
      「そんな(参戦の)義務は無い」←物資の援助だけでなく、国民を説得できれば防衛のために無理にでも兵隊を送る口実にはなる。(イラクだってそうだろw無理やりだ。それも貿易センター爆破があったからのこと)
      厭戦のアメリカ国民を焚きつけることになれば、(国民を焚きつけた)ヒトラーならどの道アメリカと戦うことになることは容易に想像できるだろう。ゆえに側近に止められたとしても宣戦布告せざる得ないと思うが。

    • 38.追記
    • 2011年12月10日 23:43
    • 37追記
      物資の援助←物資の援助は戦争前からしてた

    • 39.あ
    • 2011年12月12日 19:27
    • >37
      何度も書いてるけど、「米国は日本との開戦を望み、追い詰めた」ことと、「ワザと真珠湾攻撃を受ける」ことに何の関連も無い。
      「わざと真珠湾を攻撃させてもらえる」なんてこと、日本側に事前に解るはずも無いのだから、仮定自体がまったくの無意味。
      そもそも真珠湾攻撃は、山本五十六が連合艦隊司令長官でなければ絶対に実行しなかった作戦だ。
      そんなものを米国が計画的に誘発できるはずも無い。(日本が実行しなければそこで詰んでしまう)
      さらに真珠湾だけが日本の奇襲攻撃目標でもなければ、第一号ですら無かったので前提が破綻してる。
      開戦してしまえば戦意など関係ない。史実がそれを実証している。
      普通に考えて「初戦で大打撃」の方がよほど戦意に悪影響だ。(山本は元々それを狙って真珠湾を攻撃している)
      それと「貿易センター爆破」なんて陰謀論もまったく根拠がない。
      WTCの崩壊は「火災崩壊」で全て合理的に説明がつくが、「爆破解体」では物理的に説明がつかない現象が多すぎる。
      そもそも米国に何のメリットもない。

    • 40. 
    • 2011年12月12日 23:53
    • 奇襲が来るとわかっていたのに開戦の生贄として自国民を見殺しにしたルーズベルト、敗戦確定なのに実験としてトドメの原爆投下を行ったトルーマン
      マジ鬼畜。

    • 41. 
    • 2011年12月13日 02:14
    • 後半はともかく前半はその前の文章に完全否定されちゃってるぞ

    • 42.竹島は日本国の領土
    • 2011年12月13日 12:12
    • >あ
      だらだら長く沢山書きまくって【日本国を蔑視】して、いくらウオンもらっているのか?
      そろそろ、、、来年から下朝鮮国での【徴兵制】が始まるから、早く帰りな!
      米国式に言う【パール・ハーバー奇襲攻撃】とは、【ハーバー=港】。
      【真珠湾】なら【ベイ】か【ガルフ】に成るはずだ。
      そこからして、間違った誤読だ。
      ★.アメリカは奇襲攻撃されても【大損害】を受けて無い!
      【大損害】を受けていれば、何で2.5年間で米国との戦争は終わってしまったのか?
      >あ
      のような者がいるから、【広島・長崎原爆虐殺】を市民団体が声高に叫んでも、欧米側は【奇襲攻撃した卑怯な国】だからと言う理屈で、東京大空襲など民間人無差別・大量虐殺
      を肯定する事になっているのが現状だ。

    • 43. 
    • 2011年12月13日 20:15
    • 70年っつか開戦当初から言われてたよな、それ・・・・・・

    • 44. 
    • 2011年12月14日 08:21
    • 米8、42
      もう見ていない「とっくに別のニュースで在日認定してる最中だろうが」
      淡路島の面積わかって書いてるのか?甲板面積に匹敵する。
      今までの言動見ると匹敵だから仮に何倍も違っててもいいとかいい逃げしそうだが。
      のべつまくなしに在日認定する暇あったらその破壊的な日本語とソースなし
      の妄想やめてからにしろ、まさにネトウヨ偽装と呼ぶにふさわしいわ。

    • 45. 
    • 2011年12月15日 12:03
    • >>114が馬鹿過ぎる。戦後洗脳教育の成功例だ。
      南方に進出して一旦白人支配を打ち砕いて
      旧植民地が独立準備できたから戦後の植民地解放があるのに。
      戦わずして負けてたら今でも白人様だけが人間で
      有色人種は家畜扱いのままだったはずだよ。

    • 46.String
    • 2011年12月16日 00:47
    • 真珠湾奇襲時の米艦隊の混乱を見るだけでも陰謀説がなかった証拠になると思うんだけどな。

    • 47. 
    • 2011年12月19日 15:19
    • >>19
      大損害が出たのは単なるアメリカ軍の誤算だよ
      真珠湾が浅いから、航空雷撃は不可能で、爆撃で上部構造だけが破壊されるはずだった
      それだけなら、軍艦が沈没する可能性もかなり低く、損害は軽微な筈だった
      実際には日本軍は真珠湾でも使用可能な魚雷を開発していて、米軍は大損害を受けた
      また、日本軍が空母を集中運用して、大編隊で真珠湾を急襲する事も予想外だった
      要するに「犬に手を軽く咬まれるだけのつもりが、狼に腕を噛み千切られた」って事

    • 48. 
    • 2011年12月19日 15:24
    • 別に俺はあれを「アメリカの陰謀だ」などと言うつもりは無いが
      真珠湾で米艦隊が大損害を受けた事は、陰謀説を否定する根拠には一切ならんからな
      単に日本軍の能力をアメリカ軍が過小評価してただけの話だから
      本来は「軽微な損害」で済ませる筈だったし、それを理由に日本と戦争するつもりだった
      大混乱に陥ったのは日本軍が予想より強過ぎたためだ

    • 49.匿名
    • 2011年12月20日 10:09
    • 陰謀じゃなく策謀の結果だっての
      こんなこと今更リークされなくても何十年も前から言われてた事だろ…
      資源輸入を遮断されたら戦争になるのは当たり前
      仮に今の日本がやられたとしても戦争だ。どこの国がやられても間違いなく開戦する
      さもなきゃ完全降伏するだけさ。ま、そうならないよう努力するってのが敗戦の教訓だよ

    • 50.NHK・自衛隊・地方自治体・宗教団体・在日アメリカ軍・民間企業に審判
    • 2011年12月20日 15:07
    • 真珠湾攻撃が陰謀じゃないよって言ってる時点で・其れは既に陰謀を計画し実行した者と・末端の協力者と被害者の見方や感じ方の違いに・どっぷりと嵌り込んでいるって事だ・俺は中学生の時から約40年間都市伝説(陰謀論)を趣味にして来た・精神世界の事も或る程度なら分かる・【陰謀】って物は[計画を立てる者]と[其れを実行する者]と[陰謀の被害者]の三位一体が有って・初めて成り立つ「文明の方程式」みたいな物だよ・小さい世界を狭い視点で断片的に見て・あーでもないこーでもないって・通り一辺倒の考えで思考してるから・やっぱり陰謀論は成り立たないって結論に行き着く・そしたら其処で其の陰謀否定論に達した人達は・黒幕から見れば・左翼とかネトウヨとかオカルトとかで一括りに片付けられてしまう・陰謀計画者が悪の計画を支配される側の人達に気付かれずに・偶然に起きた事として認識させ・自然に日常生活の一部として組み込んで・秘密がばれない様に・疑いを持たれない様にどれだけ努力しているか御話しよう・其の前にWW2序だから例え話をしてみる・題名は「ヒロヒトラーの陰謀」..アメリカのパイロット達はうろたえた・ジャップが凄い秘密兵器でアメリカへと攻めて来るらしい・前線部隊の話によるとコードネームゼロは物凄い身軽さで・敵の後ろを取り・あっと言う間に撃墜してしまう・ジャップはゼロをどう遣って造ったんだ・噂によると神と交信しているらしい・現人神だって?・何だそりゃ..ヒロヒトラーと呼ばれているらしい・ドイツのヒットラーに似てないか・うーん良く分からん・ちょっとぐぐって調べてみよう・おーっ出て来る出て来るすげー陰謀だよ..てね・事情を知っている人なら普通の話で陰謀には見えないですよね

    • 51.あ
    • 2011年12月20日 20:03
    • >47>48>49
      「物事の区別」がついてないバカが多いなw
      「米国が日本を挑発したこと」と、
      「日本軍なんかにあんな作戦ができるわけない!あれは米国政府がわざと大損害を出すように画策したんだ!でなければジャップなんかにやられるわけないよ!」
      という「米国発の真珠湾陰謀論」を「ごちゃまぜ」にしてる奴ばっかw
      「真珠湾陰謀論」なんかなくても「米国が日本を挑発したこと」とは矛盾しない。
      逆に「真珠湾陰謀論」には穴がたくさんあるため、これにこだわると「陰謀論がでたらめだから、やっぱり米国の戦争は正しかったんだ!」となる。
      切り離せよ。
      なんでそんな「日本人蔑視」から生まれた「矛盾だらけの妄想」にしがみついてんの?
      本当の日本人なら「はあ?あれが陰謀?悔しいからってしょうもないイチャモンつけんなよ」となるはずなんだけどね。
      そもそも「山本五十六が軍・政府の反対を押し切って強行した作戦」で、「米海軍の主力艦隊壊滅」が、なんで「米国の陰謀」になるんだ?
      頭のねじがどっかに飛んでるだろw

    • 52.無学な名無しさん
    • 2011年12月22日 20:52
    • >あ
      勉強になった。ネトウヨの相手は大変だな。
      つかそもそも、アメリカにとって日本なんてドイツのオマケ。
      アメリカ発の第二次大戦映画見ればよく分かる。
      扱いがナチス・ドイツ>>>>>>>>>>日本なんだよね。
      当然、ナチス・ドイツネタは日本じゃすぐ埋もれるから、気付かないだけでw
      日本と開戦したかった理由は、三国同盟経由でドイツと開戦したかったからなわけでw

    • 53. 
    • 2011年12月26日 18:59
    • ルーズベルトって白人のカスな部分が全部集まった野郎だよな

    • 54.名無し
    • 2011年12月28日 11:33
    • 「アメリカは戦争に巻き込まれた被害者」という構図を作る必要があった
      米政府は戦争介入に弱腰な勢力を黙らせ やむおえない報復措置という形で世論を説得して開戦 
      日本はこういう戦略に乗らされた
      第一次大戦から後の欧州におけるファシズム・ヒトラーの台頭に業を煮やして 参戦したくて仕方ない政府が まんまと日本に手を出させることに成功した
      9.11の時に米軍関係者がカミカゼに譬えていたが あれは裏事情をよく知る人間の告白だと思う 
      山本五十六を引き合いに出してまたもや「アメリカは被害者」を演出していた 
      今じゃアメリカ人でさえ9.11は自作自演と見抜く人が増えてきてるというのに
      まさかいまだにビンラディンが首謀者だと信じてる情弱はいないよな? 

    • 55. 
    • 2011年12月28日 15:11
    • >52 映画を例に持ってくるのはちょっと弱いかな。
      ハリウッドを牛耳ってるユダヤ人は未だにドイツを悪役に据える
      プロパガンダ映画作ってるからね。

    • 56.あ
    • 2011年12月28日 16:41
    • >54
      ・「世論の説得」の必要なぞ全くない。「日本から攻撃してきた」んだからw
      キミの妄想だと、アメリカ人は攻撃されてるのに戦争を拒否するほど平和的な民族なの?
      ・「日本に手を出させる」ことと「わざと真珠湾で初戦で大損害を出す」ことはベクトルが全く違う。
      前者は米国の国益にかない、日本もまた被害者の側面を持つことが解る。
      後者は米国の国益に全く寄与しない上に、「やっぱりジャップにあんな大作戦は不可能だった」ことになる。
      なんで論理的に矛盾が大きすぎる上に、「日本人を心の底からバカにした陰謀論」を信じるの?
      しかもこのアホ話を信じてるバカほど「日本人は先人に誇りを持て」とか言い出すから、もう訳がわからんw
      「真珠湾陰謀論」を信じるなら、山本も参加した将兵も「米国のシナリオ通り」に動いた単なるバカになってしまうのだが。
      ああ、「日本軍の実力は米軍の予想を越えてたんだろ」てのは成立しない。
      本家本元の「真珠湾陰謀論」はそんな説じゃ無いんでな。
      ただひたすら日本軍は無能であるとして、「こんな軍隊にハワイ奇襲ができるわけがない。だからあれは米国政府の陰謀としか考えられない」というのが本筋なんで、「日本軍が有能だった」とすると根底から陰謀論がひっくり返るんだw
      そもそも陰謀論の世界では「米国政府は万能で全てを操る存在」なので、「米国の予測を越えた存在」は認められない。
      「米国があんなテロリストごときにやられるわけないだろ!全世界の科学者とマスコミは米国に操られてるんだよ!」という妄想はキミも十分染まってるから身に覚えがあるだろ?
      ・9.11自作自演説なぞ信じてる奴はただのバカw
      現実には直後が自作自演説のピークであって、年々信者は激減してるぞ?
      なんで陰謀厨って、「米国が日本から先制攻撃させたがってた」ことと「真珠湾陰謀論」を切り離せないんだろうね?
      両者は全く違う話なのにw

    • 57.名無し
    • 2011年12月29日 16:10
    • >56 アメリカを弁護したくてしょうがないみたいだな  
      自分は陰謀論に与しないし 陰謀の話をしてるんじゃない 
      戦争に勝つための「戦略」としてどの程度の事前の仕込みがあったかって話をしてるんで陰謀論を否定すればアメリカは戦争を望んでなかったってことになるワケ?
      「わざと真珠湾で初戦で大損害を出す」のが本意ではなかったとして
      さんざん嫌がらせした後「ほら 殴ってみろ」と言わんばかりで挑発しといて 殴られたら想定外にダメージがデカかったら挑発行為がなかったことになるワケ?
      >>・「世論の説得」の必要なぞ全くない。「日本から攻撃してきた」んだからw
      「米国が日本から先制攻撃させたがってた」のは
      “宣戦布告の事前通達が届く前に真珠湾に攻撃して 戦艦を沈め民間人を殺した卑怯な日本” って戦意高揚の宣伝に使われたのを見れば明らかだろ 
      簡単にひねり潰せると思ってた日本に梃子摺らされたから って後付けは言うなよ
      むしろ日清・日露戦争の結果を受けて 日本を叩いておかないと面倒だとみなしたからだ
      アフリカ・アジア・南米 数カ国を除いてことごとく植民地にして 有色人種の扱いは時に家畜以下
      白人・キリスト教国人でなければ人にあらず という当時の欧米の価値観で
      日本の政府は 戦わなければ明日は植民地という世界で拡大戦略をとってきた
      非白人・非キリスト教国の、自分達の牙城を脅かす日本を叩き潰す口実が欲しくてしょうがないからABCD包囲網 ハルノート無理難題吹っかけて日本から仕掛けるしかないように「誘導」したんだろ  何度も言うけど「作戦」「戦略」であって 56が否定したい「陰謀論」を否定すればするほどそういう策謀があったように見えるけど?

    • 58.あ
    • 2011年12月29日 20:09
    • >57
      >アメリカを弁護したくてしょうがないみたいだな
      >>読解力の無い奴だなwいつどこで「弁護」してるんだ?
        
      >陰謀論を否定すればアメリカは戦争を望んでなかったってことになるワケ?
      >>はあ??????????
      俺は「真珠湾陰謀論」を否定してるだけで、「米国が日本の先制攻撃を望んでたこと」は一度も否定してないが?
      よく読め。
      『なんで陰謀厨って、「米国が日本から先制攻撃させたがってた」ことと「真珠湾陰謀論」を切り離せないんだろうね?
      両者は全く違う話なのにw 』
      >挑発行為がなかったことになるワケ?
      >>そ ん な こ と ど こ に 書 い て る ?
      51の6行目からを読んでみろ。
      完 全 に 「逆」 だ。
      >「米国が日本から先制攻撃させたがってた」のは~
      >>だから、「そのことは一度も否定してない」んだが?
      やっぱり「区別がついてない」んだなw

    • 59.あ
    • 2011年12月29日 20:09
    • >日本の政府は 戦わなければ明日は植民地という世界で拡大戦略をとってきた
      >>大筋で否定はしないが、「美化」しすぎ。
      日本もまた「植民地」を獲得する拡大戦略をとってたんだが?
      もっとも「欧米型」の植民地経営とは一線を画するものであったけれど。
      (そういう意味では厳密には「植民地の定義」からは外れてるが)
      そして第二次大戦前には、「植民地解放」が世界の趨勢になりつつあった。
      英・仏・蘭などはゴネてたが、「もうこれ以上は獲得しない」という点では一致した。
      その流れに正面から逆らったのが日・独・伊(それにソ連)だ。
      特に日本の場合、満州事変など、「天皇や政府や参謀本部すら無視」して現地軍が大暴走してたわけで、「日本政府の戦略」ですらない。
      >非白人・非キリスト教国の、自分達の牙城を脅かす日本を叩き潰す口実が欲しくてしょうがないからABCD包囲網 ハルノート無理難題吹っかけて日本から仕掛けるしかないように「誘導」したんだろ
      >>日本を「買いかぶり」すぎ。
      つか、「ハルノートが渡される以前に真珠湾攻撃隊は出発してる」から、時系列が完全に狂ってるぞ?

    • 60.名無し
    • 2011年12月29日 23:07
    • >>「真珠湾陰謀論」なんかなくても「米国が日本を挑発したこと」とは矛盾しない
      >>なんで陰謀厨って、「米国が日本から先制攻撃させたがってた」ことと「真珠湾陰謀論」を切り離せないんだろうね?
      むしろ逆に なんでそんなに切り離して考えたいんだろうね  
      陰謀論を支持したくなってきたわ 米国発の日本蔑視の陰謀論じゃないほうだよ
      歴史研究家でも意見が分かれる点において 陰謀論欠陥説を持ってくるが 
      真珠湾陰謀論には 
      謀略があったかどうか知り様がない市民が妄想たくましくして考えたトンでも論と
      政府や軍関係者の証言を積み重ねた記録をもとにした推論と 
      複数の人の複数の説が入り乱れてる 陰謀論には後者も含まれてる
      >>第二次大戦前には、「植民地解放」が世界の趨勢になりつつあった。
      オランダはインドネシアで日本軍に蹴散らされ その後日本が負けると再びインドネシアを支配下に取り戻さんとやってきて 日本軍に訓練された現地兵にまたもや蹴散らされた
      ・・・違うじゃん
      >「ハルノートが渡される以前に真珠湾攻撃隊は出発してる」から、時系列が完全に狂ってるぞ?
      時系列でいうと“ 1941年11月26日にハルノートがアメリカ側から日本側に提示された
      東郷茂徳外相は日本側が最終案として提示した乙案が拒否され、外交による解決を断念し
      「ハル・ノートが提示される以前」に択捉島の単冠湾を出航していた機動部隊に向けて
      1941年12月1日5時30分、真珠湾攻撃の攻撃命令が発せられた“
      つまりハルノートが「日本に最終決断を迫るものでなければ 引き続き待機命令」であったはず
      しかし 一触即発の緊張にある二国間で ハルノートの内容を読めば開戦やむなしと傾いていった
      ハルノートが最後のひと押しをしたという点では 時系列に矛盾はない

    • 61.あ
    • 2011年12月29日 23:29
    • なんか「真珠湾陰謀論」について根本的に解ってないんじゃないかと思うので、一応その要点を解説しとくわ。
      ・米国民は第一次世界大戦の衝撃から、戦争を憎み、平和を第一に考えていた
      ・ルーズベルト大統領は、英国救済のためにドイツとの戦争を欲していたが、選挙で「非戦」を公約していたため、米国側から宣戦するのは世論が許さない
      ・なので日本を追い詰め、挑発することで日本側から開戦させ、自動的にドイツとも戦争状態になる「裏口参戦」を計画した。
      ・計画通り日本が挑発にのってくれたので、「真珠湾に攻撃を仕掛けてくる」ことを知っていながら、わざと攻撃させた。
      ・米軍は開戦前から真珠湾攻撃を予測していた。
      ・日本軍の暗号は全て解読されており、日本海軍が無線通信駄々漏れの間抜け海軍であったため、その動きは手に取るように解っていた。
      ・米軍側には何の落ち度も無く、本来なら真珠湾攻撃など不可能であったのに、米国大統領が成功するように誘導していたのだ!
      ・大損害に見せかけるために不要な戦艦を集め、その一方で主力の空母は避難させておいて、大損害を演出した。
      ・この攻撃に米国民は大激怒し、本来、平和を愛する米国民世論が日米開戦に傾いてしまった。
      こういう内容だぞ?
      なんで「米軍にも米国民にも罪は無い!間抜けなジャップにやられたのはルーズベルトの陰謀だ!」という話を「日本人」が弁護してんの?
      アホじゃね?

    • 62.あ
    • 2011年12月30日 00:14
    • ついでに書いとくけど、上記の陰謀論には「ウソ」がいっぱいある。
      どれが「ウソ」か解るかな?
      >60
      >むしろ逆に なんでそんなに切り離して考えたいんだろうね 
      >>「両者は全く違う話だから」だよ。ちゃんと書いてるだろ?
      それより「なんでごちゃまぜにできるの?」という質問の答えになってないよ。
      >政府や軍関係者の証言を積み重ねた記録をもとにした推論
      >>全然、心当たりが無いなw
      例えばどんな?
      >オランダはインドネシアで日本軍に蹴散らされ その後日本が負けると再びインドネシアを支配下に取り戻さんとやってきて 日本軍に訓練された現地兵にまたもや蹴散らされた
      ・・・違うじゃん
      >>そりゃ違うよ。「キミの妄想が史実と違う」のは当たり前じゃん。
      現実にはオランダは米国から怒られたから、しぶしぶ引き上げてるんだけど。
      大体、『英・仏・蘭などはゴネてたが、「もうこれ以上は獲得しない」という点では一致した』と書いてるけど読めないの?
      蘭ってのは「オランダ」のこと。
      つまりオランダは植民地放棄に消極的であったとちゃんと書いてる。
      が、インドネシアは昔からオランダの殖民地なんであって「あらたに獲得しようとした」わけでは全然無いよ。
      それですら米国や国際世論は認めなかった。
      >ハルノートが最後のひと押しをしたという点では 時系列に矛盾はない
      >>あのさw
      キミが米国人だったら、すでに準備万端整えて太平洋横断中の艦隊がいるのに、「日本には戦争する気は無かった」という戯言を相手にするの?
      そもそもハルノートの内容も知らないんじゃないの?
      「日本側が最後通牒だと思った」てのはどこまでいっても「日本側の理屈」でしかないんだけど。
      米国側は「交渉中にいきなり奇襲してきやがった」という認識なんだけどね。
       

    • 63. 
    • 2012年01月02日 17:49
    • あの戦争は「黄色人種の国家である日本」が国際舞台に躍り出た瞬間から定まっていた宿命だと思うんだけどな、どうやっても回避できなかったと思うよ。仮に欧米列強の意向に従っていても日本は亡国を免れなかっただろうしね。

    • 64. 
    • 2012年01月02日 22:55
    • というか当時の日本経済がアメリカにおんぶに抱っこなのに、歯向かうのが悪い。
      アメリカは別に日本と貿易しなくても存在可能な国だが、日本は当時からアメリカがなければ食料も資源も自給不可能な(貿易)寄生国家。
      つまりは家の愛玩犬と一緒。
      尻尾を振って御主人様の機嫌をとって愛情(加工製品)を与える代わりに餌(食料や資源)を受け取ってブクブク肥えた(人口8千万)のに、自分が主人と対等で代わりに成り得ると錯覚してワンワン吠えたから、主人が躾をしようとしたら噛み付いた。
      日本(愛玩犬)が独歩独立(野良犬)でやっていこうと思ったら、餌がなかなか確保できないから痩せ衰える。(人口5千万くらい?)
      主人にボコボコにされてクゥ~ンした後は素直に言う事聞くようになったから甘やかされてまた太った(1億2千万)けど。御主人様が熊とも睨み合ってたから、精がつくよう栄養満点で多少のやんちゃは見逃されてたってのもある。
      今は去勢された熊よりも隣の猫が成長したらライオンですた状況だから、御主人様にしがみつきつつライオンとコミュニケーションとってる状況。

    • 65.名無し
    • 2012年01月10日 00:52
    • 白人政府は人間の皮をかぶった悪魔だからな

    • 66. 
    • 2012年01月14日 23:23
    • 戦争の99%は準備に費やされるだっけ
      残念ながら、準備の段階で既に日本は負けていた
      政府・軍のあり方、圧倒的彼我国力差、戦略眼を持った人物が皆無に等しいしなど等
      他にも陸軍と海軍でガソリンや部品の規格が違う、陸軍が空母や潜水艦を、海軍が陸上戦闘機・攻撃機を保有など(Me262の設計図を元に、海軍が橘花、陸軍が火龍、別個に開発)
      暗号電傍受解読・電文作成で、陸軍と海軍の差は大きい(陸軍は暗号は使い捨て、同じ暗号は使わない)
      陸軍と海軍が、お互い日本国内で喧嘩しながら、片手間で連合国と戦争、そりゃ勝てんよ
      戦争には負けたが、植民地は解放された
      負けた日本は現在、この有様だ
      戦争に負けるという事は、こういう事だ
      戦争ってのは、勝たなきゃダメなんだよ、勝たなきゃ
      (とは言え、国力差で米相手に真正面からは勝ち目無いが)
      何処で歯車が壊れ、何処で道を間違えちまったんだ、日本は
      朝鮮情勢には関与せず、併合せず、日本国内の開発・人材育成に国力を向けていたら、歴史は大きく変っただろうよ(それと、第一次大戦時に英の要請どおり陸軍を欧州戦線に派遣していたら、その後の日英同盟の堅持は効果が大きいと思う)
      素人が、ダラダラと長文すまん

    • 67.匿名
    • 2012年01月15日 17:04
    • ここまで予定通りだと
      部分部分で日本が勝った戦闘って
      もしかしたらアメリカにとって
      都合の悪い部隊を意図的に見殺しにしたのかもしれんね

    • 68. 
    • 2012年01月15日 19:56
    • エネルギー不足はいつの時代も日本の課題ですな
      解決するかもしれないのが出てきても早々に潰されるし
      なんなんだいったいよお

    • 69.あ
    • 2012年01月16日 21:22
    • な?
      陰謀脳が末期になると>67みたいな戯言をほざくようになるってわけ。
      日本軍の勝利は全て米国の陰謀wwwww
      どこがどう「予定通り」なんだよ?
      説明してごらん。
      >66
      色々と要因はあるし、日本だけの問題でもない。
      それでも「日本の敗因」の中でもっとも致命的なのを上げれば、
      「戦争指導者」がいなかったことだ。
      天皇は自分の意見を出さないように自制し、
      政治家は政権争いに軍部を利用したあげく、
      軍部の顔色を伺わねば何も言えなくなった。
      陸軍は海軍に命令できず、海軍も陸軍に命令できない。
      陸軍は皇道派と統制派に分裂し、初戦で大戦果をあげた山下は派閥争いで左遷。
      海軍は軍令派と艦隊派に分裂し、人事バランスのために真珠湾攻撃の指揮官は航空戦ド素人の南雲。
      参謀本部は陸軍大臣の命令を無視し、
      前線の参謀たちは参謀本部の方針を無視。
      海軍は陸軍にウソの戦果を報告し、後世に「大本営発表」の悪名を残し、
      海軍のウソを信じた陸軍の作戦は大損害に終わる始末・・・・・・
      海軍はフィリピンでも硫黄島でも陸軍の言うことを聞かず、
      勝手な行動で陸軍の作戦を破綻させてる。
      陸軍は海軍相手に一歩も予算を譲らず、米英との大戦争中に、
      中国大陸で大兵力を遊ばせながら「あれは海軍の戦争だろ?」
      みんなが成り行き任せで戦争し、
      しかも自分の「縄張り」には口出しさせず、よそには正しい情報も伝えない。
      そして「全体」を見て、指導していた人間は一人もいなかった。
      戦史を詳しく調べるほどに、そのgdgdっぷりには溜息が出る。

    • 70. 
    • 2012年01月19日 00:41
    • 日本人が馬鹿だから負けましたの一言で済むだろ

    • 71. 
    • 2012年01月21日 02:58
    • 白人は何百年も他民族を殺して奪って犯しまくってきたから、今日では他人からの非難を鑑みて少し考えるようになったんだよ。
      敵に先制攻撃(平手打ち一発ぐらい)させて、殴ったね?w つってその後包丁で滅多刺しにして殺して奪って犯す。
      ここ100年ぐらいはそんな感じで絶賛ぶっ殺しまくり中です。
      イラクアフガンリビアときて、次はイランか。
      最近ぶっ殺すペース早くないっすか?白人様ァ!

    • 72.11
    • 2012年01月21日 20:07
    • ちなみに情報戦では韓国にも負けてます今の日本www

    • 73. 
    • 2012年01月21日 23:31
    • 71
      先に手を出す方は悪くないんだー
      すごいりくつだなー

    • 74. 
    • 2012年01月22日 09:30
    • いや、石油の供給止められて、自国の商船を沈められて、自国の移民にむちゃくちゃな扱いされたらどこの国だって戦争ふっかけるし、どこの国だってふっかけてくるって解るだろ

    • 75. 
    • 2012年01月22日 09:31
    • 米73
      石油止められて、ブロック経済から締め出されて、自国の移民を迫害されて、自国の商船しずめられても手ださないんだー
      すごいこしぬけだなー

    • 76. 
    • 2012年01月22日 16:37
    • 75・74
      いやいやw
      それ言っちゃうと「日中戦争」はどうなっちゃうのよ?
      まさに「敵に先制攻撃(平手打ち一発ぐらい)させて、殴ったね?w つってその後包丁で滅多刺しにして殺して奪って犯す。」じゃんw
      アメが受けた先制攻撃はアメだけが悪くて、
      日本が受けた先制攻撃は中国だけが悪いって、子供の理屈じゃん?
      そもそも、いきなり石油止められたわけでもないし、段階的にそうなったんだけど
      話し合いをことごとく踏みにじったのは日本じゃん!
      少しは近代史勉強したら?
      当時の国際情勢からしたら、今の北朝鮮に経済制裁してるのと同じなんだけど
      それくらい、日本は何をやらかすかわからない危険な国だったじゃんよ

    • 77.田
    • 2012年01月22日 22:36
    • 日本の暗号解読部隊はどれだけ成果あげてたのかね。
      国民党外交部の暗号は解読してたみたいだし、
      意図的にソ連が流したハルピンの特務経由の情報とか
      メキシコに諜報組織があった…ハズなんだけど ほんと出てこないなー。  
      中野学校系統の人脈やらどっかにせめて戦訓だけでも蓄積されていればいいけど。 やっぱ買いかぶりかなぁ  昭和40年くらいまでは旧軍の諜報部隊が関わってる話もちらほらあったけど

    • 78.名無しロン速
    • 2012年01月23日 21:52
    • 映画「山本五十六」でもやってたけど、結局日本の米国駐在部が解読に手間取って出しそびれのが真相でその部分は揺るがない。日本政府が出す前に予め米国諜報部が解読できていたとしても、それは米軍側がハワイ守備隊やハワイ住民をないがしろにした、というだけで、それは米国内の戦略や人道の問題で、日米間で日本を卑怯と攻撃する口実は何ら揺るがない。だが米国の圧倒的な諜報能力や暗号解読能力は「寒気がするほどだ」と朝鮮戦争の北からの鹵獲資料をアメリカ本国で分析した萩原燎は書いている。エニグマも解読されていたし、敵国の内部はなにもかも手に取るようにわかって戦略を立てていたのだろう。

    • 79.あ
    • 2012年01月23日 23:14
    • >78
      そうでもない。
      米国も縦割り行政がひどく、組織間の情報共有や伝達がデタラメなのは有名な話。
      で、それぞれの部署が独自の報告を上に上げるんで、結局は上がどの情報を基準に判断するかで決まってしまう。
      真珠湾の時には外交暗号は解読できてたけど、海軍暗号はまだだった。
      それでも日本が「やる気」なのはさすがに気付いてたし、米軍には「真珠湾攻撃」を予測していた人間もいた。
      が、結局上層部はフィリピン奇襲と判断してしまってる。
      (実際にフィリピンも同時奇襲されてるから間違ってはいないんだが)
      朝鮮戦争では北の攻撃開始の判断を間違えてるし、ベトナムでもやらかした。
      9.11も防げなかったし、イラクには大量破壊兵器がある!を大義名分にしてみたら実は誤情報だったり・・・・・・
      いくら「正しい情報・分析」があっても、組織が巨大すぎて膨大な情報・分析に埋もれちゃうんだよね。
      さすがに9.11以降はインターネットを利用した「情報共有システム」を急ピッチで構築したが、今度は政府・軍の極秘情報がウィキリークスに大量流出する原因となり、頭を抱えてる。

    • 80. 
    • 2012年01月26日 12:29
    • 次戦争するときは負けそうになったら即効寝返れ
      イタリアみたいに戦勝国になれるぜ

    • 81.c
    • 2012年01月27日 00:44
    • 国境間際で大規模な軍事行動が行われ、
      諜報機関は隣国の開戦意志を報告し続けていた。
      にもかかわらず奇襲を受けた国がある。
      第4次中東戦争時のイスラエルだ。
      百戦錬磨の強国でさえ奇襲を被る。
      況や平和ボケのアメリカをや。

    • 82.名無しさん
    • 2012年01月30日 13:12
    • アメポチは懐柔された売国奴の証拠でもある。
      それか、日本に無関心の証明。

    • 83. 
    • 2012年02月02日 16:40
    • アメリカが自国に攻撃するように仕向けたんだから
      当然でしょ

    • 84.大統領
    • 2012年02月02日 19:58
    • ルーズベルト顔ワロタ

    • 85. 
    • 2012年02月03日 11:53
    • >アメリカの陰謀だったとしても、当時の日本政府と軍隊は
      >アメリカによって破壊されたんだし、感謝すべきだろ
      言ってる意味がわからねぇ・・・
      訳「蹂躙されて良かったです!アメリカ様万歳!日本人なんて阿呆なサルです!」
      「もっと飼いならして下さい!」
      って事?アメリカの洗脳技術だけは尊敬するわホンマ
      日本もこれくらい手際良けりゃ朝鮮半島の問題もスッキリ片付いたろうにな

    • 86. 
    • 2012年02月03日 15:49
    • 暗号破っても、すぐそれを作戦に生かすと
      暗号破りがばれて新しい暗号に変えられちゃうから
      知ってるんだけど気づいてないふりをするのが大変なんだそうだ
      来るとわかってるのにわざと偵察機を派遣して偵察機を相手に発見させたり
      偶然敵に出会ったように見せるために敵の居るとこ以外にも同時にたくさん無駄な部隊を出撃させたり
      うっかり直接暗号の情報通りに攻撃しちゃったときは
      あとから攻撃地点の近所に自軍の斥候基地が昔から設営されてたようにゴミとか糞便とかもってって偽装してつじつま合わせたりしたとかなんとか

    • 87. 
    • 2012年02月04日 20:19
    • 何を今更

    • 88. 
    • 2012年02月04日 20:32
    • 今の世界を見ていても未だに
      世界を牛耳っているのは白人ばっかりだ
      白人がどれだけ酷い事を有色人種にしても
      馬鹿共は白人様かっこいい~ だし。
      先の大戦でもあれだけ強くなったのは
      結局は白人から学んだからだよな。
      今の日本を見てても洗脳されきっちゃってる愚民ばっかりで
      アメリカの奴隷植民地状態でも白人コンプだし・・・
      有色人種は無能な猿だって・・・白人が言ってた事を
      受け入れざるを得ない気がしてくる

    • 89. 
    • 2012年02月05日 21:58
    • 領事館に忍び込んでって、暗号解読ってアナログなんだなあ。
      今でも朝鮮総連の本部に忍び込んだりしてるんだろうか。
      日本の場合は、政府から企業から、忍び込まれまくって情報だだ漏れなんだろうけど

    • 90.盛り上がってるな
    • 2012年02月06日 22:02
    • 別に暗号が解読出来てたかどうかなんて、
      陰謀だった証拠にならないでしょ
      輸入封鎖して、挑発して、第二次参戦する気満々だったんだし
      でも宣戦布告の妨害して、卑劣国家のレッテル貼って国民
      煽ったのは許せないな
      日本の名誉もそうだが、自国民をそうやって死地に
      赴かせる政府って嫌なやり方だ

    • 91.うんこがもれそうだ
    • 2012年02月09日 14:30
    • ※90
      どこの国も民意を扇動して士気を高めないと暴動がおきるから、この人間という種族である以上
      そういう畜生以下の人間であることにすら不満なら人間やめちまえよ(´・ω・`)
      日本だって小学校から鬼畜米兵といって畜生以下に扱うように教育してたし、韓国に限らず敵対する地域では、親が子に学校が子に、敵意がある側を非難轟轟の教育をするそういう種なんだよw

    • 92.成田工務店
    • 2012年02月10日 06:58
    • 真珠湾の被害が本来予想してたよりも大きな損害だったから必死に不意打ちがどうで卑怯なりってテレビラジオで宣伝してたな たまたま飛んでた民間機の報告を大冒険にして報道したり ロバートなんたらっていう報告書に詳しいのが載ってる 大本営だけじゃなくアメさんも面子保つために真珠湾の損害艦を過小報告してたよ 優勢なうちはむしろ日本の当時の本が真実を語ってる

    • 93.くま
    • 2012年02月13日 22:49
    • 真珠湾攻撃を知ってたから米空母機動艦隊だけは訓練名目で真珠湾から遠ざけたんでしょ。
      でもって半年後のミッドウェーで日本は返り討ちに合って以降ぼろ負け。
      この国は外交官が能天気過ぎる。

    • 94.あ
    • 2012年02月15日 20:21
    • >93
      アホか。
      それなら最初からハワイにいなきゃいいだけの話w
      そもそも開戦当時の主力は「戦艦」だ。
      ミッドウェーの勝利にしても、「偶然」が日米のどっちに傾いたかの違いでしかない。
      そして、それって外交官全然関係ないぞ?

    • 95.c
    • 2012年02月16日 22:40
    • 「あ」は何言ってるの・・・?
      >「日本に先制攻撃させること」と「わざと大損害を出す」ことは全く脈絡が無い。意味不明だ。
      その大損害無くして東京大空襲出来るの?
      広島と長崎に原爆落とせるの?
      アメリカは最初から勝てると確信してたんだから
      わざとやられたフリして徹底的に日本を焼こうって話でしょ。
      ただ返り討ちにしたんじゃあ日本を超極悪国家に出来ないじゃん。
      大損害ってのは戦争全体からすれば大損害じゃないんだよ。

    • 96.wsd
    • 2012年02月16日 23:58
    • >そして第二次大戦前には、「植民地解放」が世界の趨勢になりつつあった。
      英・仏・蘭などはゴネてたが、「もうこれ以上は獲得しない」という点では一致した。
      オセロやってて途中で黒15白8になった時に
      黒「俺もうこれ以上黒置かないからお前もこれ以上白置くなよ」
      白「は・・・???」
      ってのと同じじゃないか?
      それと、陰謀論を信じると日本軍を馬鹿にすることになるって言うけど
      日本軍の評価されるところって、精神力、団結力、操縦技術などであって
      緻密な計算のもと、戦争を有利に進めてたなんて誰も言ってないじゃん。
      現在だって政治家は無能と散々言われるが、
      だからって日本という国が駄目とはならないでしょ。
      それこそ切り離して考えようよ。
      それと、アメリカがどれだけ卑劣かを語ってる人に対して
      アメリカを過大評価、日本を過小評価しすぎって返しもどうなの?
      そこも切り離して考えるべきでは?

    • 97.ペナス
    • 2012年02月17日 06:57
    • アメリカ人「パールハーバーを忘れるな!!」
      日本人「お前ら原爆落としたろ」
      アメリカ人「お前の国の原発なんとかしろよ^^」
      日本人「」

    • 98.ENJOYEE!名無しのランチパックTIME
    • 2012年02月23日 05:10
    • >97
      そういえばアメリカも原発やっちまったらしいぞ。
      少し前に予備電源もダメ緊急ベントしますってやらかしてから何の
      音沙汰も無くなった。
      近くの発電施設ちゃんと動いてるのにベントしないとだめなほど
      冷却システム作動しなくなってるって原発本体に相当な以上が起きてるんだ
      ろうな。でもアメリカとか土地が広いから燃料落ちてもそのまま地下に
      潜っても何の影響もなくやっていけるのかな。

    • 99. 
    • 2012年02月23日 18:14
    • 経済封鎖されて満州から完全撤退せまられた近衞内閣が、半年以上撤退か開戦かを協議してる間、アメリカは何も知らずにハンバーガーを食っていたのだろうか?

    • 100.名無し
    • 2012年02月24日 07:54
    • アメリカも日本と一緒に中国を叩き潰しておけばよかったものを・・・
      バカだね、美国だなんておだてられて日本を潰したら、国民党が敗れて共産党が中国を支配して手に入るはずだった巨大な大陸利権を逃した。
      戦後は、日本と中国にアメリカ経済の基盤を根こそぎ握られてしまう大失態。
      日本を挑発して大魚を逃したルーズベルトは馬鹿だったと、共和党幹部が今だに苦虫噛んでいるわけだよ

    • 101. 
    • 2012年02月24日 20:15
    • 今更だからこんな情報出すんだろうな
      熱りの覚めた問題だもん

    • 102.匿名
    • 2012年02月25日 03:44
    • ケネディ暗殺の裏事情が書いてあるらしい公文書ナンタラが 2039年に公開されるとか
      この辺の裏事情もいつか公開される日が来るのかな

    • 103.太平洋艦隊へ本国から警戒指示を出さなかったことは有名
    • 2012年02月25日 20:48
    • 外交暗号ダダ漏れだったんだから何を今更。海軍暗号わからなくても「開戦するかも」ということは十分にわかる。貿易絞って日本を締め上げてたんだし。今までの仮説を少しだけ裏打ちしただけ。まあ、宣戦布告がどうこう言う資格はアメリカにない。アメリカは宣戦布告なしで対外戦争をしてきたのが普通。「真珠湾はだまし討ちだ」と言い張るが、タラント空襲の前例もある。軍事基地のくせに、奇襲なんぞされてる方がバカなだけです。
      >ルーズベルトは馬鹿だった
      小児麻痺持ちだったし、共産主義びいき。
      ニューディールは失敗寸前だったから需要創出に戦争はうってつけだった。
      >緻密な計算のもと、戦争を有利に進めてたなんて誰も言ってない
      日本には開戦計画はあったが、どう戦争進めるか、戦争を終わらせるかの計画は全くなかった。このあたりは石原完爾関係が詳しい。

    • 105. 
    • 2012年02月28日 01:38
    • あの当時も日本は欧米相手に孤軍奮闘していた
      今も特亜に足を引っ張られる始末 日本と他の国を分断させれば支配しやすい
      本来ならアジアが結託すれば十二分に欧米に対抗できるのに
      今 驚くほど第二次大戦前の状況を彷彿とさせる出来事が続いているようできな臭い

    • 106. 
    • 2012年02月29日 04:25
    • 上級士官は攻撃直前にみんな引き上げちゃったんだよね
      で、現場には下級の水兵しか残っていなかった
      ソースは現地のアメリカ人ではなく、ハワイ人の子孫(ポリネシアンだっけ?)や日系人の生き残りが証言してる
      「確証はないけど、1~2日前には大きな船団と多くの兵隊が港から出て行った」って

    • 107.匿名
    • 2012年03月02日 05:48
    • 真珠湾攻撃70年】 「ルーズベルトは、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」 フーバー元大統領が批判
      【ワシントン=佐々木類】ハーバート・フーバー第31代米大統領(1874~1964年)が、日本軍が1941年12月8日、
      米ハワイの真珠湾を攻撃した際の大統領だったフランクリン・ルーズベルト(第32代、1882~1945年)について、
      「対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」と批判していたことが分かった。
      米歴史家のジョージ・ナッシュ氏が、これまで非公開だったフーバーのメモなどを基に著した
      「FREEDOM BETRAYED(裏切られた自由)」で明らかにした。
      真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する口実を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。
      ドイツと同盟国だった日本を対米戦に引きずり込もうとした-などとする“陰謀説”が日米の研究者の間で浮かんでは消えてきたが、
      米大統領経験者が“陰謀説”に言及していたことが判明したのは初めて。

    • 108.匿名
    • 2012年03月07日 07:08
    • 長文はマジキチの法則
      誰が読むんだ?

    • 109. 
    • 2012年03月07日 07:10
    • ハワイの司令長官の子孫がアメリカ陰謀論唱えてたよね

    • 110.両班
    • 2012年03月07日 07:13
    • 白丁だまってろ むしろ息止めてろ

    • 111.名無しさん
    • 2012年03月08日 11:42
    • 米「ミッドウェーは水が足りません!」と嘘の情報
      日「攻撃目標は水が足りないってさw」
      米「日本の攻撃目標はミッドウェーだわw」
      だろ?稚拙すぎる

    • 112. 
    • 2012年03月10日 15:11
    • やっぱり空母逃してたのは怪しいよな。

    • 113. 
    • 2012年03月11日 14:37
    • 空母が都合よく逃げてた・・・って言っても、従来の艦船を主力とする戦術を航空機による機動部隊へ転化させる本格的な転機となったのが真珠湾攻撃やマレー沖海戦じゃまいか
      確かに米は航空機の大量増産を決定してたりと機動部隊の増強を考えてる節はあったけども、対独戦こそ本命のルーズベルトが対日戦までノイズ無しに正確に状況を把握して、かつ航空部隊が主力になると見抜いてるなんてスーパーな野郎だったってんなら話は別だけどもよ(´゚’ω゚`)

    • 114.ddd
    • 2012年03月12日 15:14
    • どっちが悪いとかどうでもいいわ。
      白人もアジア人も偉い奴も民衆も昔の奴も今の奴も
      大多数の人間がカスなのは現実見てりゃわかるだろ。
      まともな道徳を実行できてる人間なんて一握りなのにいちいち語るな。
      空母の攻撃力にはおそらく米国も開戦前から気づいてただろ。
      ってかあれだけまともな艦載機持ってれば誰でも気づきそう。
      アヴェンジャー攻撃機の開発もすでに始まってたし。

    • 115.真珠湾攻撃以前
    • 2012年03月13日 00:48
    • アメリカは日本による真珠湾攻撃以前に中国への武器支援を公然と行っており、これは戦時国際法では、第三国が戦争当事者の片方へ武器の支援を行った場合、第三国は中立とは認められない。つまり、日本へアメリカは戦争を仕掛けていた事になる。真珠湾攻撃が奇襲かどうかという問題ではなく、アメリカは真珠湾以前に日本と戦争していたというのが事実である。ただし一般のアメリカ国民はそんな事などしるはずなどない為、日本による真珠湾攻撃を『卑怯な奇襲だ』と騒いだだけ、実際には自分たちが卑怯な行動をとっていたことになる。

    • 116.ガチホモ
    • 2012年03月14日 12:13
    • 被害者面すんなYO
      手を出すように追い込まれた時点で大日本帝国側の過失というかミス

    • 117.匿名
    • 2012年03月14日 17:03
    • 今目の前にいる朝鮮人という敵に対してどうするかを考えよう

    • 118. 
    • 2012年03月15日 14:55
    • アメリカは日本に原爆を2回も落としちゃってるのでどうしても日本が卑怯で
      卑劣で叩きのめすべき悪の帝国だったことにしないと大義がなくなっちゃうと
      思ってるんです
      悪を倒した正義軍でいたほうが気持ちいいもんね
      都合のいい歴史をアメリカ人たちが信じこもうとしてるんだと思う
      ほんとバカみたいだけど仕方ない
      低能な人間が多いのがアメリカって国なんだからしょうがない

    • 119.戦争は客観的に
    • 2012年03月17日 16:37
    • 116さんへ
      被害者面など全くしていませんよ!そのような文章を書いたつもりは全くありません。
      文章を主観および先入観のみからとらえる事の無いようにお願いします。
      元来戦争の多くは被害者、加害者、正義、不正義などという単純なものとしてとらえる事は不可能です。
      また手をだしたのはミスでもなんでもありません。
      手を出していなかったら、今の先進国日本はおそらくなかったと思います。
      米英から中国への武器の支援ルートを仏印進駐によっておさえる事が出来ましたが、米英は他のルートを作り上げ、その流れから日本は真珠湾攻撃をしたのです。
      国の教育によって多くの国民は『勝てる』と思っていたでしょうが、多くの幹部クラスの軍人はアメリカに勝てるなどとは思ってないと思います。昭和天皇でさえも勝てるなどと思っていませんでした。
      手を出すように追い込まれたわけでもありません。
      米英と戦って負けるのが当然で、負けるなら戦争目的の一つでも達成する事が、国の指導者の命題だと思います。もちろん、国の教育によって多くの国民は『勝てる』と思っていたでしょう。
      私は日本は少なくとも戦争目的(後付けであっても)の一つは達成されたと思っています。

    • 120.戦争は客観的に
    • 2012年03月17日 16:57
    • 63さんの言うとおりだと思います。
      明治維新は危機感から発生しましたが、時既に遅く、清の悲惨な状況、ロシアの南下、李氏朝鮮の外国勢力への下手な対応を見た時点で、日本は国力をつける事なしに、大陸への進出を決意せざる得ない事を決意したのだと思います。66さんの言うような
      **********************
      朝鮮情勢には関与せず、併合せず、日本国内の開発・人材育成に国力を向けていたら、歴史は大きく変っただろうよ
      ******************
      などという事などしている状況ではなかったと思います。

    • 121.あ
    • 2012年03月17日 19:44
    • ちゃんばら国家の認識しかない国民たちに総攻撃はヒドイゼって煽られないように
      世界の最先端をいく軍事大国がやられたんだぜ?
      9.11だってそうだ。
      報復をバカな国民に植え付けるための自作自演

    • 122. 
    • 2012年03月20日 22:26
    • アメリカは日本の真珠湾攻撃を掴んでたと思う
      そしてそれをきっかけに日本と戦争をするつもりだった
      実際に、そうなるように政治を動かしていたしね
      だけど日本の航空攻撃を過少評価していたため、大損害を受けた
      っていうのが事実
      まぁ、アメリカがそれを認めるわけがないけど

    • 123. 
    • 2012年03月21日 14:08
    • つーか日本は宣戦布告するよう大使館に頼んだけど
      現地の「不手際」で暗号解読が間に合わなかったんでしょ?
      これ現地職員買収疑惑あるで!

    • 124.。
    • 2012年03月22日 21:45
    • 本スレ>>57
      当時の日本は実はかなり強かった。
      さらに白人は黄色人種、アジア人を舐めてかかる節が見られ日本は善戦出来た。

    • 125.名無しさん@韓国ニュース
    • 2012年03月23日 12:24
    • 最初に攻撃したのはアメリカの駆逐艦で、奇襲攻撃に向かった日本の潜水艦を沈めた。戦犯法定でその海域が意図的に削除された。

    • 126.        
    • 2012年03月25日 17:57
    • 支那事変でアメリカの義勇兵の集まりであるフライングタイガーがアメリカ最新鋭戦闘機と整備と弾薬の補給をこなしながら日本空軍と互角の戦いをしていた
      最近義勇兵ではなく正規の軍人であることがアメリカ議会議事録の公開により判明した
      日米戦争はもう始まってた
      それに伴い暗号の解読も進められてたのだろう
      日本は非難声明を出すだけで効率的な手を打たなかった
      アメリカとの開戦を望んでなかったせいもあるが

    • 127.匿名
    • 2012年03月25日 18:33
    • いまさらな話題だな
      陰謀だろうと何だろうと挑発にのったほうが悪いんだよ
      オレオレ詐欺にあった奴がいくら犯人の悪行を罵ったところで
      自分がバカだという事実に何も変わりが無いだろうに
      >>124
      そうでもない
      こっちは開戦前から入念に準備していたし陸軍は実戦経験もある
      対する相手は植民地派遣軍、しかも補給切れの状態なんだから緒戦は勝って当然
      守備範囲広げすぎ+相手の本気モードの17年中盤以降は連戦連敗
      太平洋の戦争は欧州と比べて子供の戦いと評されている
      向こうが舐めきっていたのは事実だが当時の日本軍を余り過大評価しなほうがいい

    • 128. 
    • 2012年03月28日 07:24
    • 感謝すべきワロタw
      アホか

    • 129..
    • 2012年03月29日 20:16
    • アメリカのが一枚上手だったから日本が負けただけ、ってことは多分みんな分かってると思うんだよ。
      ただ、アメリカが何かっちゃ真珠湾や他の話を取り上げて「日本は奇襲した、日本が悪い、俺たちは悪くない」あげく原爆投下まで正当化するもんだから、いい加減ムカついてるんじゃない?
      戦争に善悪はない。その程度の認識すらなく正義のヒーローを気取ってるアメリカやアメリカ人が気に入らないんだろ。
      いい加減、敗戦国として縮こまってるのもバカらしいしさ。

    • 130.名無しさん
    • 2012年03月31日 15:49
    • 1・ハルノートにより挑発
      2・ガソリン供給を一方的にストップし挑発
      ここが日本がパールハーバーを攻撃する以前にアメリカが日本に対して攻撃してきたみたいなんものだな。
      >>76
      >当時の国際情勢からしたら、今の北朝鮮に経済制裁してるのと同じなんだけど
      それは北が日本人拉致したりテポドン打ち込んだりしたからだろ。
      アメリカの矛盾点
      ・宣戦布告無しに攻撃したのが悪いと日本を悪者扱いしているがその後アメリカも他国を宣戦布告無しに攻撃して戦争開戦に至っている
      ・主に軍人ではなく一般人を狙った原爆投下を二度も行い国際法違反として
      責められればアメリカ人は「リメンバーパールハーバー」と言って逃げるが
      パールハーバーでは日本軍は軍人しか狙っていない
      過去も現在も嘘で成り立っているアメリカ
      ・白人がインディアンから土地を奪い取る「インディアン嘘つかない。白人みんな嘘つき」という名言が生まれる
      ・スペインに攻撃されたと嘘をつきスペインと戦争。スペインはアメリカの捏造だといい決定的証拠はいまだ出てきていない
      ・パールハーバー陰謀説
      ・ソ連との軍事開発代理戦争といわれたアポロ月面着陸を捏造。ソ連を震撼させ優位に立つ
      ・WTC同時多発テロを自作自演しイラクとの戦争開戦

    • 131.匿名
    • 2012年04月02日 17:26
    • なんか詳しい人が多いみたいだから質問
      ウェデマイヤー回顧録の信憑性ってどんな感じ?

    • 132.**++
    • 2012年04月05日 11:41
    • 真珠湾を仕掛けたのが、アメリカなんて有名な話なんだけどなー
      ちなみに、中国と韓国に反日教育するよう、指導したのもアメリカな。
      理由はいわずもがなだけど

    • 133.huni
    • 2012年04月05日 14:19
    • もともと日本海軍はアジアの南方にアメリカ海軍を誘い出し、遠征艦隊が疲弊し延び切ったピークで迎え撃つ日本海海戦方式をするつもりだった。
      それをひっくり返して真珠湾攻撃を計画し実行したのがアメリカ帰りの山本五十六。
      現在からすれば、それこそがアメリカ国内世論を日本との戦争に決意させる唯一の方法だと分る。
      暗号も日本海軍だけ最新の暗号表を持っていて、日本陸軍のは終戦まで解読されなかった。

    • 134..
    • 2012年04月05日 21:00
    • 真珠湾、新鋭艦は な ぜ か 別の場所を哨戒任務中でいなかったんだよなw
      沈んだのは古い奴とか2軍クラスいっぱい
      真珠湾攻撃の数時間前に日本の潜水艦が領海かそのそばまで近づいて
      先に撃沈されているんだよなwww
      真珠湾の前に米国の大統領は先制攻撃の作戦指示にサインしてるし
      米軍の兵士を使って中国経由で日本軍を攻撃する作戦は、真珠湾より前に開始

    • 135. 
    • 2012年04月08日 10:08
    • 知ってた
      フライングタイガー号(ボソッ

    • 136.華
    • 2012年04月10日 01:24
    • 既出。以上。

    • 137.ff
    • 2012年04月11日 13:09
    • アメリカが日本に侵略してこなければ、
      少子化は起きてないだろうし、国民一人当たりの収入もはるかにおおい
      アメリカは侵略を仕掛けてきたのに、正義を騙る糞

    • 138.おつ
    • 2012年04月12日 18:11
    • 知ってた真珠湾に配備されてた軍人は下流層の人たちだものねw

    • 139.もも
    • 2012年04月12日 19:19
    • >>137
      だよな
      ネットにはひどい日本軍批判してるピュアな初老がときどきヒットする。戦勝国が作った戦後自虐教育やメディアの上から自分の思考が始まっているのも理解できない。この年だともう無理だと思う。
      アメリカじゃガンマンが抜き打ちに最初に撃ったら卑怯者の極み。だから正当性や正義を繕うためそう仕立てるのがお家芸。歴史が戦争で埋まってるアメリカって国の起こした戦争って殆どがそうなってる。
      日本は開戦間際まで戦争回避の努力をしてるし。
      一端戦争になっても、当時最強で作戦に有用だった潜水艦群を、アメリカのように商船破壊には使わず貫いた武士道精神。
      戦争終結も、最初ソ連参戦を自分で呼びかけておいて、日本敗北間際になってのこのこ横取り参戦するソ連に、戦利品は占領した土地までと取り決めたポツダム会談の4日後に1発の原爆投下。日本の降伏の機会を与えず、慌ててソ連が日本に侵攻したその日に、とどめを刺す2発目の原爆投下。しかも人体実験にウラン弾とプロトニウム弾をテストする鬼畜さ。
      ドイツを無差別爆撃したパイロットは戦後、ドイツ人に対して後悔の念を抱いたが(実際、空爆した空軍の家族から、ドイツの教会修復に寄付金が送られたりしている)、さらに被害が多かった日本の爆撃には、黄色人種は人とは思っていなかったと明言している。
      そろそろ日本人は、押しつけられた既成概念を捨て、自分で調べて自分の力で考えてもいいのではないか。

    • 140.もも
    • 2012年04月12日 19:22
    • >>138
      黒人将校もいなければ、黒人は最下層の軍役。それにひきかえ日本ときたら・・
      (´д⊂)

    • 141. 
    • 2012年04月12日 19:39
    • 俺のオヤジがアメリカ留学したとき一番ショックだったのが
      便所や席が白人用黒人用全部分けられていた事実
      どっち使っていいか聞いたらしい
      日本人はどっち使ってもいいって言われたって
      つかマジごく最近まで人種差別ひどかったん

    • 142.アカ狩り
    • 2012年04月13日 03:27
    • アメリカは、大戦時はロシアや中国共産党に大量の物資を支援したが
      大戦後は朝鮮戦争やら冷戦やらで、その支援した国とは対立した。
      戦後のアメリカで行われたアカ狩りですべてを物語っているだろ。
      日本も米国もアカに侵食されたメディアにより、国民を反米や反日に傾かせ
      世論を戦争へと先導した。米国は政府の中軸までもが侵食されていた。
      最近解読されたヴェノナをみるとわかるだろ。
      実際に行われた有名な事実であるアカ狩り。まずこれだけを理解してから
      全体を見渡せ。

    • 143.場違いですが…
    • 2012年04月13日 11:32
    • 戦争の話題時は「客観的」な意見を
      日本人だけがそれをしていても損をする一方。
      自分本位で世界は動いてる。
      自分に有利になる様に主張するのが一般的。
      日常的に姿勢を正して生きていないにも関わらず
      戦争の話題の場では誠実でありたいと思うなら自己満足。
      ただでさえ自国批判が多い日本、
      相手の目線を考慮し過ぎて自分を守ることを御座なりにしていないだろうか。
      不条理な目に遭おうが自国民以外日本を誰も守ろうとしない。
      自分を庇う事は恥ずかしくない。
      自国の立場を守る前提で議論する気は無いのか。
      非を認めたところで誰が公平に裁いてくれるんだよ。
      我侭で短気で男尊女卑が根付いている日本人が戦争の話題時だけ良い子で居ようとする、正解でありたいと思うのが本当に不思議。
      自己批判してりゃ攻撃されないと最初から負けに徹しているのか。
      「日本」が損をすると回りまわって自分も損をする。

    • 144.あ
    • 2012年04月13日 17:24
    • 久しぶりに来てみたら結構コメ進んでるな・・・
      >95
      >その大損害無くして東京大空襲出来るの?
      広島と長崎に原爆落とせるの?
      >>できるよw
      むしろ、なんで関係あると思ったんだ?
      アメリカはドイツ空襲してないとでも思ってんの?
      >ただ返り討ちにしたんじゃあ日本を超極悪国家に出来ないじゃん。
      >>できるよw
      プロパガンダでどうにでもなる。
      実例として日本は「鬼畜米英」と教え込んでいた。東京大空襲や原爆のずっと前からな。
      >大損害ってのは戦争全体からすれば大損害じゃないんだよ。
      >>普通に「大損害」だろw
      実際、キンメルなんかはそれで降格された。
      キミの考えは、根底が陰謀論から出発してるね。

    • 145.あ
    • 2012年04月13日 17:24
    • >96
      オセロやってて途中で黒15白8になった時に
      黒「俺もうこれ以上黒置かないからお前もこれ以上白置くなよ」
      白「は・・・???」
      ってのと同じじゃないか?
      >>そう思うよ。
      当時の軍人たちも似たようなことを言ってる。
      でも、それがルールとなってしまったんだから、破るほうが悪い。
      まず、ルールを変更するか、ルールに従わないことを国際社会に宣言すべき。
      その後での行動なら筋を通していると言えるが、日本はそんなことしてない。
      ただルールを破っただけだ。
      現代の「核開発」やってる国と同じ図式。
      >それと、陰謀論を信じると日本軍を馬鹿にすることになるって言うけど(中略)
      緻密な計算のもと、戦争を有利に進めてたなんて誰も言ってないじゃん。
      >>「真珠湾攻撃」が正にそれだろ?
      しかし、陰謀論の前では、全部アメリカ様のおかげで成功しました、となる。

    • 146.あ
    • 2012年04月13日 17:43
    • >102
      ケネディ暗殺はオズワルド単独犯行で結着してる。
      ちなみに2039年に公開されるのはその証拠物件。
      実際には代表的な証拠物件はすでに本やTVに度々紹介されており、
      どう考えても「新事実」とやらが出てくる可能性はない。
      >106
      そんな事実はない。
      司令官のキンメルも幕僚もちゃんと勤務してるぞ?

    • 147.あ
    • 2012年04月13日 17:57
    • >107
      >真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する口実を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。
      >>こんなこと、フーバーは一言も言ってないし、その本にも書いてない。
      非常に誤解を招きやすい文章だと思う。
      フーバーはルーズベルトが対日開戦を望み、あの手この手で挑発して、ついに開戦に持ち込んだ、と言ってる。
      その根拠として開戦以前から中国に軍事援助していたことと、米国内の日本資産を凍結したことを挙げているが、「真珠湾陰謀論」など全く語ってはいない。
      つまり、「アメリカが日本を挑発」し、日本がそれにのせられて開戦しただけのことで、「真珠湾陰謀論」となんの関係もない。
      >112
      逃がしてなどいない。
      湾外で訓練中だっただけであり、真珠湾攻撃後は日本艦隊を探して動き回っている。
      日本側があっさり引き上げたので遭遇しなかっただけ。

    • 148.あ
    • 2012年04月13日 18:19
    • >121
      >>9.11陰謀論なんてとっくに粉砕されてるぞ?
      あれが自作自演なら、アメリカはどんだけ万能な国なんだよw
      そもそも、なんのメリットもない。
      >130
      >それは北が日本人拉致したりテポドン打ち込んだりしたからだろ。
      >>当時の日本も正にそんな感じだが?
      つか、アポロ陰謀論まで信じてるんじゃ、つける薬もないなw
      にしても、なんで陰謀論者って、9.11でイラク戦が始まったと思ってるんだろう?
      世間一般の常識ではアフガン戦なんだけどねえ・・・
      ブッシュはイラクとやりたがってたのに、9.11のおかげで数年後回しにされた。
      ようやく開戦したら、アフガンに兵を取られすぎて、占領後の人手が足りず泥沼になった。
      9.11って、イラク戦にはマイナスでしかなかったんだけどねえ・・・
      >133
      とうとう山本まで陰謀の一味かw

    • 149.名無しさん
    • 2015年06月16日 13:48
    • 戦争を正義感や思惑で判断しないこと、侵略と防衛があるのみ、富と貧困が原因です。富と貧困が階層別にでる場合 貧富の差が激しいほど権力は外敵を捜します。日本が平和憲法を維持してる理由は戦後裁判による平和への罪が付加されたこと。平和が戦争をなくすると世界が確認したことです。しかしロシアと中共は社会・共産主義のなごりか国連憲章を無視しているため平和が揺らいでいます。日本は基本的に貧富の差が戦前より少なく家族制度が社会不安を吸収する良い制度を維持していました。日本の大戦突入はABCD各国による物資輸入の停止、欧米日本人差別の激化による社会不安と日本植民地化への不安が重なりアジア共栄圏構想に活路を見出した為の結論だったのです。戦争による打開しか見出せなかったのが戦争原因です。日本の仮想敵国はソ連であり欧米ではありませんでした。

コメントを書く

名前
コメント
新規コメントの反映には1分ほど時間がかかる場合があります
ヘッドライン
おーぷん2ちゃんねる

検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめリンク
AD
ロン速過去記事ランダム