ヘッドライン
1:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/12/03(土) 07:58:01.53 ID:hJsegwIa0

 沖縄戦における国の戦争責任を問う「沖縄戦への謝罪と国家賠償請求集団訴訟」への原告参加を呼び掛け、沖縄・民間戦争被害者の会(安里清次郎代表世話人)と顧問弁護団(瑞慶山茂団長)は1日、県庁で会見を開いた。

この中で同会は2012年2月に第1次訴訟団を結成し、6月の「慰霊の日」までに提訴する方針を示した。100人以上の原告団を目指す。
 会見で安里代表世話人は「戦争被害者は高齢で残された時間は少ない。早めに国に問題を解決してほしい」と求めた


瑞慶山団長は「日本政府が戦後の沖縄を放置してきた責任は大きい。被害と人間性の回復をきちんとやっていきたい」と話した。
 同会は今月15日、那覇市樋川の瑞慶山総合法律事務所で訴訟説明会と無料法律相談を開く。
時間は午前10時~午後5時。問い合わせは被害者の会(電話)098(833)7447、ファクス098(833)7448。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-184743-storytopic-1.html


8:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/12/03(土) 08:01:31.19 ID:vMWvU5j9i

俺は生まれ変わったら1さんの下で兵隊として戦いたいよ


9:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/03(土) 08:01:36.64 ID:cwMCc4eT0

日清、日露戦争は事前の準備や、他の国家に対する根回しが完璧だったから勝てた。


25:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:08:25.04 ID:IyUjJ82S0

>>9
欧米「李鴻章が出てきて権益拡大しにくくなったから、清の威信を落とせよ」→日清戦争
欧米「金と軍艦を世話してやるから、ロシアを消耗させろよ」→日露戦争


31:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/12/03(土) 08:10:56.54 ID:e9CFxhtz0

>>25
まあ結局日本人は白人様の犬ってこった昔から


13:名無しさん@涙目です。(関西・北陸):2011/12/03(土) 08:02:39.32 ID:yLkh0uHWO

当時の戦力でアメリカと戦争始めた日本政府は日本史上最悪の売国奴


15:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/03(土) 08:05:42.04 ID:O6FfXTM/0

>>13
開戦当時は、アメリカが太平洋に割ける海軍力は日本とほぼ互角か日本やや有利くらいという説がある
石油ジリ貧で浮かぶアイロンになる前に打って出た、これはいいが、暗号まるまる解読されちゃっててはな・・・


24:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/12/03(土) 08:08:07.25 ID:P9AIVSmGO

>>15
パールハーバー攻撃したら石油が手に入ったの?


33:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/03(土) 08:11:08.67 ID:9vfMRTiI0

>>24
石油のあるオランダ領を攻撃するためにはイギリス領も攻略しないといけない。
イギリスとアメリカは同盟結んでるからアメリカにも宣戦布告しなきゃいけない。
なら奇襲しちゃえってこと。


45:名無しさん@涙目です。(岩手県):2011/12/03(土) 08:19:15.84 ID:ylQhw6rj0

>>33
パールハーバー攻撃したのはそこが太平洋艦隊の集結地だったから
日本軍は完全に紀州だと思ってたけど当のアメリカからはモロバレ
日本はまんまと引っかかってアメリカは自分から宣戦布告することなく太平洋でも
ヨーロッパでも暴れることができたわけだ


26:名無しさん@涙目です。(長崎県):2011/12/03(土) 08:08:25.68 ID:0p4hswXp0

>>15
いや説も何もその通りなんだが
エセックス級が続々と就役してくる1943年初頭までは日本海軍の
戦力の方が大きかった


48:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/03(土) 08:20:54.38 ID:5RPblfpP0

>>26
戦争当初にインドネシアの石油と中国の資源を手にした日本は
アメリカに勝る資源国になった
そこで必死で工場作りまくってればエセックス級量産程度はできたよ


59:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:26:17.66 ID:IyUjJ82S0

>>48
満州国のときも似たようなこと言ってたが、パッとしなかったじゃんか。
一定の技術を持った大量の労働者と大量の設備が無ければ、空母の量産体制が築けたわけないだろ。
経済オンチの軍人みたいなこと言うなよ。


79:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/03(土) 08:30:05.75 ID:cwMCc4eT0

>>59
大型艦はドックの数も限られているしねえ。


67:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/12/03(土) 08:28:24.25 ID:yctWW7e90

>>48
むりむりむりのかたつむり
工作機械アメリカさんから輸入してる技術レベルでどうしようと


37:名無しさん@涙目です。(日本):2011/12/03(土) 08:12:15.85 ID:yL9Eri/00

>>15
解読されずに逆にアメリカのは解読できてれば押し切れたのかな


50:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:21:34.31 ID:IyUjJ82S0

>>37
43年頃からのアメリカ海軍は日本海軍の戦力を上回るということは戦争前から分かってた。

それまでに太平洋で暴れて、その戦果をアメリカと有利な交渉材料に出来ればという、大雑把で他力本願な、戦略とも言えない戦略しかなかったので無理。


61:名無しさん@涙目です。(長崎県):2011/12/03(土) 08:27:06.98 ID:0p4hswXp0

>>50
それを言えばドイツだって杜撰なもんだが
ポーランドに侵攻しても英仏は干渉してこないだろとタカをくくってたら両国は宣戦布告
英国民萎えさせようと思ってロンドン爆撃したら返り討ち
英国屈服が困難になったからソ連侵攻
2ヶ月で降伏するとか何の根拠もない見通しは当たり前に破綻して泥沼化
そんな中で日本が対米戦争始めたら参戦の義務ないのに対米宣戦布告
日本より何の計画性もない


89:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/03(土) 08:31:57.26 ID:cwMCc4eT0

>>61
だから負けたんだろ。
二度の大戦で二度とも。
ドイツは戦術は強くても戦略は弱い。


95:名無しさん@涙目です。(宮城県):2011/12/03(土) 08:33:50.17 ID:l4TkSZMC0

>>89
思えばフリードリヒもそうだった


120:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/12/03(土) 08:39:26.84 ID:3EobK5BX0

>>95
ビスマルクは逆にフランスを孤立させたのにな


135:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/03(土) 08:42:36.25 ID:cwMCc4eT0

>>120
でも、そういうの熱心にやって成功したのビスマルクぐらいだろ。


72:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/03(土) 08:29:16.34 ID:9vfMRTiI0

>>50
ドイツがイギリスを落とせばなんて考えてたんだよな。
ところが太平洋戦争が開戦した頃ドイツが負け始めたという。


94:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/12/03(土) 08:33:22.49 ID:RGM42YP20

>>72
イギリスっつーか、ドイツの対ソ連戦の勝利を前提にしていて、ソ連が負けたら米も臆することになり
そこで米との休戦・講和へ持ち込む、という超能天気な目論見があった、との説を読んだことがあるな。


65:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/12/03(土) 08:27:47.40 ID:3EobK5BX0

>>37
戦闘機      日本軍合計 29261       米軍合計 90777
小型爆撃機   日本軍合計 10177       米軍合計 22138
中型爆撃機   日本軍合計 7922       米軍合計 24211
大型爆撃機   日本軍合計 384        米軍合計 32213

正規空母     日本軍合計9隻         米軍合計 22隻
軽空母      日本軍合計9隻         米軍合計 93隻
戦艦        日本軍合計2隻         米軍合計 10隻
巡洋艦       日本軍合計7隻         米軍合計 39隻
駆逐艦・護衛艦 日本軍合計237隻       米軍合計 861隻
潜水艦       日本軍合計167隻        米軍合計 213隻
商船        日本軍合計306,4000トン   米軍合計 3308,8000トン



無・理☆


260:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/12/03(土) 09:18:03.82 ID:qFN51CkH0

>>37
日本も結構解読してた。ロシア革命は日本の諜報活動によって
引き起こされたとまで言われるくらい、裏から膨大な資金援助したり、
殆どの主要国の暗号を解読できてたりした時期もあった様子

ただし、首脳部は内部での出世を競うばかりで、
国外の情勢にも疎く、情報を活用する気も無ければ、
国際情勢からしかるべき方策を導き出す立場にあることすら理解してないレベルで
内輪もめをするばかりの烏合の衆ゆえに、「これ以上行ったら戦争になるけど?」
って警告にもどう対応するか決めあぐんでるうちに、始めてしまった戦争。
明確な目標を立てて、国家が一丸となって開戦したわけじゃない。
北進論、南進論、関東軍の暴走、皆が目先の手柄や、
持論に固執しておっぱじめただけで、国家的な政策や方針を
作り上げる事すらできないのは、今も変わらない。

スレタイが正しいとしても、効率的に協議して国家的な政策や方針を決め、
一丸となって実行するって事からできないのが、日本の実情
ひとたび事が起こったからといって、みなが一丸となって一気に突き進むとは考えにくい


271:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/03(土) 09:21:25.58 ID:XhkyUbIu0

>>260
それぞれ内部で出世競争にはげむ

これってオウム幹部みたいだね
あげくアホなテロして死刑w


17:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/03(土) 08:06:26.88 ID:PdvqZKwA0

戦争する時点で外交の失敗を意味してるんだから戦争はいけないで合ってる


22:名無しさん@涙目です。(大阪都):2011/12/03(土) 08:07:45.61 ID:f39Hgow5P

確かにその通りだな
やるなら勝たないと
負ける戦はしないって大事


108:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:36:22.32 ID:CBKovGwa0

>>22
孫子の頃に言われている、戦略の常識なんだけどね。
戦争は国の大事だから、勝てる算段のない戦争はしちゃいけないって。

太平洋戦争は、何度シミュレーションしても勝てる算段はつかなかったらしいからね。


27:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/03(土) 08:08:37.95 ID:VcWMvnHr0

戦争はしてはいけない←間違え
戦争をしないために全力の外交努力をおこなう←正解


58:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/03(土) 08:25:03.83 ID:cwMCc4eT0

>>27
でも、戦争せざるを得ない状況になったとしたら、
勝てるような状況を外交で作るべきだよね。


29:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/12/03(土) 08:09:27.98 ID:s5I8fQjP0

いや戦争やっちゃいけんやろ


38:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/12/03(土) 08:13:07.15 ID:6AtncSoh0

守りの戦争だけにしとこう
外交的に回避できなくなった場合だけの


46:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/12/03(土) 08:20:21.18 ID:DYPXuIji0

勝てないけんかはするな
勝てないけんかをする方向に自分を追い込むな

そういうことだよね
マスコミと教育が言うような軍とか天皇とかの問題じゃなくて
つくづく民主主義の失敗だったんだよね
今、戦前の流れをなぞってるようなもんだし
自衛隊が暴発しないだけのことで


52:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/03(土) 08:23:03.07 ID:XhkyUbIu0

日本が外国と戦争して負けたのは太平洋戦争だけ


57:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/12/03(土) 08:24:44.19 ID:h/sjvhbQ0

>>52
白村江
文禄・慶長の役


60:名無しさん@涙目です。(岩手県):2011/12/03(土) 08:27:00.75 ID:ylQhw6rj0

>>57
白村江は休戦条約も停戦条約も結ばれてないから負けてはないんじゃないっけか


70:名無しさん@涙目です。(岡山県):2011/12/03(土) 08:28:52.99 ID:pqEuF71N0

>>60
どういう理屈なのそれ


71:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:29:09.69 ID:IyUjJ82S0

>>60
その理屈だと、元寇では元は日本に負けてないということになるが。


66:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/03(土) 08:28:08.87 ID:XhkyUbIu0

>>57
その2つは手を引いたのであって負けたわけではない


74:名無しさん@涙目です。(岡山県):2011/12/03(土) 08:29:33.60 ID:pqEuF71N0

>>66
あんたもか


83:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:30:55.37 ID:IyUjJ82S0

>>66
アメリカの保守派にもベトナム戦争について、同じようなことを言ってるのがいるそうだなw


104:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:34:55.61 ID:LFi0YuRe0

>>83
白村江は負け戦だけど
朝鮮出兵は秀吉が死んだから撤退しただけだよ。
明側の記録でも10年来の戦に全く勝機は無く見通しも無かった
只々秀吉の死のお蔭で事態は収束した。と言ってる


116:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:38:44.88 ID:IyUjJ82S0

>>104
朝鮮出兵についてはあまり詳しくないが、確か加藤清正が半島の付け根まで進出した後は補給不足とゲリラでボロボロにされてなかった?


136:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:43:01.24 ID:LFi0YuRe0

>>116
全然、ゲリラは撫で斬りにされまくって役に立ってないし
そんな状況だから半島は荒廃しても困窮するほど補給で苦しみもしなかった。
半島南部へ撤収の時に補給が不足したけど、明軍と朝鮮人も欠乏してたからな


169:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:50:35.86 ID:IyUjJ82S0

>>136
加藤清正はじめ前線にいた武将たちの補給不足で辛酸を舐めた経験が、戦後補給担当だった石田三成との対立を招いたと聞いたことあるが。

あと李舜臣の活躍で日本からの輸送船が沈められまくった話も有名じゃないの。


177:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/12/03(土) 08:52:07.47 ID:3EobK5BX0

>>169
補給船がやられたのは最初の頃だけ
日本軍が対策盾始めたら敗走


202:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 09:00:01.16 ID:LFi0YuRe0

>>169
全然、海戦ですら1,2度しか勝ててない
明が海軍回さなかったから日本側が武装船を投入したら李朝水軍は連戦連敗


223:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 09:07:03.61 ID:IyUjJ82S0

>>202
だが李舜臣の戦術は江戸時代によく研究され、日露戦争のときのロシア艦隊対策でも参考にされたんだよね。


229:名無しさん@涙目です。(茸):2011/12/03(土) 09:09:30.20 ID:O+CI0tQ70

>>223
江戸時代に研究されたものを何で明治政府が参考にするんだ
あと日露のどの海戦で参考にされたんだ?言ってみろ


250:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 09:14:17.38 ID:IyUjJ82S0

>>229
日本海海戦
T字戦法ではなく、その後の多段的消耗作戦。

作戦参謀秋山真之の友人に村上水軍の末裔がおり、その友人の家伝の李舜臣研究書が一番参考になったそうだ。


266:名無しさん@涙目です。(茸):2011/12/03(土) 09:20:04.98 ID:O+CI0tQ70

>>250
何イッテんの?
夜間の駆逐艦と水雷艇の掃討戦のこと言ってるの?
戦術も何も関係ないし、海賊崩れの帆船の戦術なんて関係ないだろw


246:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 09:13:44.42 ID:LFi0YuRe0

>>223
李朝の書物は漢文だから日本でも幾つか出版されてるけど、そんな話は聞いたことないぞ
それに艦砲と内燃機関の時代に帆船手漕ぎと火矢水軍の戦術とか、何の参考にもならないw


263:名無しさん@涙目です。(岡山県):2011/12/03(土) 09:18:25.11 ID:pqEuF71N0

>>246
李舜臣はどうか知らないけど、秋山が日本の昔の水軍戦法を参考にしたっていうのはどうなんだろね?


77:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/12/03(土) 08:29:49.69 ID:wo3E7bbsP

もう世界大戦のような戦争は二度と起きないんだろうな。


85:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:31:33.83 ID:LFi0YuRe0

>>77
第4次は無いだろうな


93:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/03(土) 08:32:54.20 ID:cwMCc4eT0

>>85
石と棒で戦うことになるんじゃないか?


106:名無しさん@涙目です。(中国・四国):2011/12/03(土) 08:35:57.60 ID:g4vPPs0EO

>>77
そんなのWWⅠが終わった時点だってそんなこと言われてたよ

2・3年ならともかく、10年20年先となると、何が起きたって不思議じゃないだろ


117:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/03(土) 08:38:56.91 ID:BGdKRo8s0

>>106
このまま人口が増え続けてエネルギー資源や食糧問題が極地までいったら
その時にはどのような形であっても戦争になるだろうね


147:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/12/03(土) 08:44:42.38 ID:FwgvEHdR0

戦争はいけない←せいかい 戦争する時は勝たなきゃいけない←せいかい

これが正解


1001:名無しにかわりましてロン速がお送りします: 2012/04/24(火) 19:40:00.00 ID:ronsoku2


ヘッドライン

コメント一覧

    • 1.  
    • 2011年12月03日 11:23
    • 開戦までは全力で交渉の道を探る。
      一旦開戦したら全力で勝ちに行く。
      これが愛国者の姿だ。

    • 2. 
    • 2011年12月03日 12:03
    • 戦争するという選択肢が出てきている段階ですでに終わってる。
      ワシントン体制以後に侵略戦争が否定されてるのに日本側が採ったのはどう考えても侵略戦争の正当化でしかない。
      対米の開戦も日露戦争以後から戦争が国家間の総力戦になっているのに国力の差も全く考えず、具体的な終戦までのシナリオも描けずに戦争を始めた段階でありえない。
      やってはいけないことをやって、言い訳に失敗して、やってはいけないことをうまく成功させる目算もたってないのにやるとかありえん。

    • 3.匿名
    • 2011年12月03日 12:08
    • 次やるんなら核を無効化できる兵器を作らんと世界が破滅してしまうわ

    • 4. 
    • 2011年12月03日 12:28
    • それ故にどんな策略にはまったとか一切言い訳はきかない
      大東亜戦争を始めた日本の政治家、軍部はゴミクズ

    • 5.ななし
    • 2011年12月03日 13:53
    • 戦争をしてはいけない ← 間違いではない
      戦争をしないように平和外交、戦争放棄を行う ← 間違い
      戦争にならないように戦争準備、恫喝外交含めあらゆる手段をとる ← せいかい
      ※1
      戦争開始してから勝ちに行くようではだめだ
      戦争を始める前から勝つための準備を始める
      それが結果的に戦争を回避する道にもなる

    • 6. gh
    • 2011年12月03日 14:25
    • ふたーつ まるをーつーけてー ちょっぴりおとなさ!

コメントを書く

名前
コメント
新規コメントの反映には1分ほど時間がかかる場合があります
ヘッドライン
おーぷん2ちゃんねる

検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめリンク
AD
ロン速過去記事ランダム